読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【トンデモ】サムシング・グレート

f:id:aki_mmr:20170405223315j:plain

 産経新聞社の『正論』…ではなく『ムー』2007年3月号にサムシング・グレートが沸いている。ブッシュ大統領が「公立学校では、インテリジェント・デザイン論を進化論とともに教えるべきだ」(中野 p.24)云々…。両論併記しぐさ。“バランスをとってトンデモを載せるべき”とする高橋史朗氏(ゲーム脳)のようである。「科学の世界には、パラダイムシフトという言葉がある」…「インテリジェント・デザイン論の登場は、まさに21世紀のパラダイムシフトと呼ぶにふさわしい」(同上 p.26)…。パラダイムしぐさ。クーンが提唱した「パラダイム」概念は拡大解釈され、高橋史朗氏(脳内汚染)のようなものに利用されている。これが共約不可能性(incommensurability)の実例です。
 「従来の科学では解き明かせなかった命題に、ようやくひとすじの光――神の光明――が差しこもうとしている」…「サムシング・グレート」「偉大なる何者か――」(同上 p.47)…。
 オッカムの剃刀高橋史朗氏(サムシング・グレート)の髭を(ry

 

おまけ:
 中村粲氏は、NHKの「『週刊こどもニュース』がひどい、とは前から気がついてゐたが、8月17日、24日放送の『少年Hが見た戦争』は洗脳番組以外の何物でもない」(中村 1997 p.203)とし、また大槻教授(プラズマ)については「この大槻センセーが反日左翼運動家であることは知る人ぞ知るだが」(中村 1998 p.193)…。某先生は「『赤』かどうか、まだ調査未了だが」…「『頭狂大学教授』(失礼!)の間違ひではないか、と冗談半分に揶揄するのだが」(同上 p.194)…。高橋史朗氏(親学)がバランスとれてるように見えるぐらいのデムパを出してる。


引用文献
中野雄司(2007)「総力特集 進化論を覆し、創造論を超える新理論『インテリジェント・デザイン』とは何か? 科学が発見した“神” サムシング・グレートの謎」『ムー』2007年3月号 学習研究社
中村粲(1997)「NHKウォッチング」『正論』1997年10月号 サンケイ新聞
中村粲(1998)「NHKウォッチング」『正論』1998年7月号 サンケイ新聞