【トンデモ】偽史朗の書評(タヴィストック研究所)

f:id:aki_mmr:20210403001616j:plain

 文が鮮明に統一された原理を研究して家庭を連合させる高橋史朗は、「WGIPに関連する第一次史料に基づいて出版した『歴史の喪失』(総合法令出版、1997)、『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』(致知出版社、2014)、『「日本を解体する」戦争プロパガンダの現在−WGIPの源流を探る』(宝島社、2016)」(pp.153-154)などと意味不明な供述をし、自分のトンデモ本を紹介しぐさ。
 しかしながら、「タヴィストック研究所」(p.155)、「英タヴィストック研究所」(p.156)はあるのに300人委員会は登場しない。つまらない史朗は、そろそろハゲるべきだ。もっと強気で行け。

 

引用文献
高橋史朗(2020)「<書評>有馬哲夫『日本人はなぜ自虐的になったのか 占領とWGIP』」『歴史認識問題研究』第7号 歴史認識問題研究会

【トンデモ】八木禿次は何と戦っているのか

f:id:aki_mmr:20210320171025j:plain

 八木禿次は「トランプ政権下の米国で何が起きているかを政治思想の観点から描いた『トランプ「超・保守改革」神と自由を取り戻す!』(世界日報社)を読んだ。著者は日刊紙『世界日報』のワシントン特派員を長く務めた同紙編集委員の早川俊行氏」(p.284)…。文が鮮明である。
 オバマ大統領は「独立宣言から『創造主』という文字を省いて引用したことが何度もあった。2016年11月のサンクスギビング(感謝祭)デーの声明では、一度も『神』に言及しなかった」(同上)…。また髪の話してる。
 鮮明な八木禿次は、髪をトリモロスための戦いをしなければならないのだ。

 

引用文献
八木秀次(2019)「トランプ米大統領は何と戦っているのか」『正論』2019年12月号 産経新聞

【トンデモ】「私が胎内に宿っている時」「新進気鋭の教育学者ともてはやされ」

f:id:aki_mmr:20210216202320j:plain

 親学推進統一協会メッコールマガジン第132号(2021年2月15日)によると「モラロジー研究所は、4月から『モラロジー道徳教育財団』に名称を変更し」「『道徳科学のシンクタンク』『道徳教育のプラットフォーム』としての存在価値の向上を目指すことになった」のだという。「道徳」のくだらなさを示したと思います。
 高橋偽史朗は「私が胎内に宿っている時に母が熱心に学んだモラロジーの教えに導かれ、私もモラロジー講座を受講しながら、モラロジー専攻塾で30年近く講義を担当するご縁をいただき、モラロジー研究所の研究員や職員、廣池学園の教職員になった教え子たちとともに勤務し、道徳科学研究センター(歴史研究室)の教授をさせていただいている」という。
 「平成24年親学騒動が勃発して親学推進協会理事長を退任し、災いを転じて福となすべく心機一転し、残りの人生をこれまでライフワークとして取り組んできた在米占領文書研究の仕上げに専念する決意を固め」た結果が300人委員会であった。みっともない髭ジジイですね。
 「学会関係では、平成19年から日本感性教育学会評議員・理事、日本家庭教育学会常任理事、平成26年から日本仏教教育学会常任理事に就任し、今日も務めている」が、世界平和教授アカデミーとは一線を画し(隠し)ている。「34歳で政府の臨教審専門委員に選ばれ新進気鋭の教育学者ともてはやされ傲慢になっていた」…。えっ。そっ閉じ。

【トンデモ】「特集 LGBT・同性婚合法化を巡る5つの論点」『世界思想』2019年6月号(頭がQ)

f:id:aki_mmr:20210124122229j:plain

 統一協会=家庭崩壊連合は「性的少数者の運動で先行する欧米では、宗教的、保守的価値観を持つ人々の良心に基づく言動までが裁かれる状況が生まれている」「寛容や多様性を掲げる推進派は、反対する人々に対しては容赦のない弾圧をおこなう非常に不寛容な性質を持っている」(p.9)などと主張している。しかし、当然ながらカルトに寛容になってはいけない。「家族の重要性を主張することすら難しくなるだろう」(同上)と述べているが、統一協会こそが家族を破壊しているのである。
 文が鮮明なメッコール島田洋一(頭がQ)も「米国の事例を踏まえ、推進派が『多様性』を唱えながら『非寛容』を露呈する矛盾を指摘。『バランスへの努力』こそが解決策だと説いている」(p.19)という。バランスしぐさは、カルトを容認させる手口である。さらに統一協会は「多様な性のあり方を前提とした社会の制度化」は「結婚・家族制度を否定し、一種の社会革命を志す文化共産主義運動と見るべき」(同上)…。そっ閉じ。

 

引用文献
「特集 LGBT同性婚合法化を巡る5つの論点」(2019)『世界思想』2019年6月号 平和大使協議会

【書評のようなもの】俵義文『戦後教科書運動史』

 ここでは主に高橋Q史朗関連を引用する。
 「政府・自民党は、元号法制化をめざして78年6月に『元号法制化促進国会議員連盟』が設立された。次いで、椛島有三(現日本会議事務総長)が事務局を務めていた宗教右翼の『日本を守る会』が中心になって右翼勢力を結集し、78年7月に『元号法制化実現国民会議』」(p.183)が結成され、元号という非効率なものを押し付ける迷惑な運動を展開した。こうした情勢が第二次教科書攻撃の背景にあった。
 第二次教科書攻撃を仕掛けたのは、自民党民社党などのウヨ政党、経済広報センターなどの経済団体、「日本を守る国民会議」やサンケイ新聞などのデムパ系ウヨ、そして「福田信之・森本真章ら筑波大学グループ、世界平和教授アカデミー(統一協会=国際勝共連合が組織する学者の組織)などの一部の学者」(p.184)である。つまり、文が鮮明に統一されていたのだ。
 1979年10月、デムパ系ウヨの「『じゅん刊 世界と日本』(253・4合併号)に『新・憂うべき教科書の問題』が掲載され、小学校の国語教科書が『偏向』していると攻撃し」(pp.183-184)てきた。第一次教科書攻撃は社会科教科書が攻撃対象であったが、第二次教科書攻撃では国語教科書も攻撃対象となった。
 当時のウヨは「ロシア民話『おおきなかぶ』を『かぶは資本家、力を合わせてかぶを抜くおじいさん・おばあさん・動物たちは労働者で、団結して資本家を倒す話だ』とこじつけ」(p.185)、強烈なデムパを飛ばしていた。いつの時代もウヨは頭がQなのである。
 1990年代の第三次教科書攻撃は、インターネッツ黎明期とも重なり、現在のアダルトマン将軍のような歴史修正デムパが拡散された。1997年1月、コヴァや高橋Q史朗、藤岡信勝らが「新しい歴史教科書をつくる会」を設立し、これと連携する教科書議連も結成された。1997年5月には「日本を守る国民会議」と「日本を守る会」が鮮明に統一されて「日本会議」が発足した。日本会議議連も設立され、「現在の右翼勢力の組織体制がこの1997年にできあがった」(p.278)。さらに1997年9月から伊勢雅臣がメールマガジン「国際派日本人養成講座」を配信し、名越史観を広めた。1998年にはコヴァの『戦争論』が出版されるが、これらは1995年の地下鉄サリン事件から数年の出来事であり、"高橋らの集団"はポスト・オウムのへんないきものなのである。


引用文献
俵義文(2020)『戦後教科書運動史』平凡社

【トンデモ】ネットアドバイザー偽史朗の「勝共の原理」

f:id:aki_mmr:20201123145208j:plain

 某写真集を鑑賞しながら高橋偽史朗は、次のようなデムパを放っていた。「『歴史戦』は中国や韓国との論争ではないのです。第三国がどちらの主張を支持するかという戦いなんですね」…「横井小楠という方が『公共の天理』という言葉を使ってるんです」…「日本は民族主義で言っているのではない、国家主義で言っているのではなくて、まさに公共の天理で国際発信してるんだという、そこに説得力がある」(p.59)。つまり「公共の天理」とは「勝共の原理」であり、文が鮮明に統一されているのである。
 また、高橋偽史朗は、自助と排除を推進する新保守主義者であり、「かつて大平政権では『家庭基盤の充実』、『日本型福祉社会』を重視した。『自助から共助、共助から公助』ということが大事」(p.64)だと述べている。こうした思想を疑似科学によって正当化したのが親学である。「私は『親学』というのをやってますが、聞いてほしい方々がなかなか来ない。そこで」「ギャルママ協会」(p.66)を狙い、ギャルママにデムパを注入したのだという。
 しかも高橋偽史朗は、イソターネッツにも詳しいらしい。「私は埼玉県でネットアドバイザーというシステムをつくりまして、『親が何をすべきか』ということをきちんと研修するということをやりました」(p.73)…。研修では「高橋偽史朗で検索しないでください」と注意をするべきだろう。そっ閉じ。

 

引用文献
野原明・高橋史朗山口香・松井成一(2019)「明日の日本の教育を考える 教育シンポジウム高知 変えていくもの 変えてはいけないもの : 教育の本質は何か! 『志国』高知で不易流行を考える」『教育創造』 2019年2月号 日本教育文化研究所

【トンデモ】危ない高橋偽史朗「高校家庭科教科書が危ない!」

f:id:aki_mmr:20201018195109j:plain

 純潔キャンディをペロペロする高橋偽史朗は「以前、性教育で『性的自立』ということが副読本で盛んに強調され」…「その裏には家族解体のイデオロギーが潜んでいた」(p.52)と妄想している。そして、カルトらしさを鮮明にしながら「人間らしさの上に男らしさ、女らしさが加わって、より魅力的な人間になるのです」(p.53)と述べている。男らしさとはデムパを飛ばしたり、石碑を作ったり、時計を盗んだりすることである。
 「教科書が西側諸国の意見を世界の傾向だと紹介しているのはおかしい」「ローマ法王庁イスラム諸国の意見もきちんと紹介すべきです」(p.57)…。「このような家庭科教科書が放置されれば、家庭の崩壊に止まらず、日本人の文化、生き方そのものが破壊されるということを、ここで強調しておきたいと思います」…「スカートのままあぐらをかいて座りこんでいる女子高生に、『恥を知れ』と説教しても、恥じるという感性自体が欠如していて通じません」(p.59)…。あっ…(察し)。
 恥じるという感性自体が欠如している高橋偽史朗は「女性から、女らしさは差別ではなく、むしろ女の強みなのだともっと問題提起をしていただきたいと思います」(同上)…。そっ閉じ。

 

引用文献
高橋史朗(2002)「高校家庭科教科書が危ない! 家族解体のイデオロギーに侵された教科書の実態」『祖国と青年』2002年3月号 日本青年協議会