【トンデモ】危ない高橋偽史朗「高校家庭科教科書が危ない!」

f:id:aki_mmr:20201018195109j:plain

 純潔キャンディをペロペロする高橋偽史朗は「以前、性教育で『性的自立』ということが副読本で盛んに強調され」…「その裏には家族解体のイデオロギーが潜んでいた」(p.52)と妄想している。そして、カルトらしさを鮮明にしながら「人間らしさの上に男らしさ、女らしさが加わって、より魅力的な人間になるのです」(p.53)と述べている。男らしさとはデムパを飛ばしたり、石碑を作ったり、時計を盗んだりすることである。
 「教科書が西側諸国の意見を世界の傾向だと紹介しているのはおかしい」「ローマ法王庁イスラム諸国の意見もきちんと紹介すべきです」(p.57)…。「このような家庭科教科書が放置されれば、家庭の崩壊に止まらず、日本人の文化、生き方そのものが破壊されるということを、ここで強調しておきたいと思います」…「スカートのままあぐらをかいて座りこんでいる女子高生に、『恥を知れ』と説教しても、恥じるという感性自体が欠如していて通じません」(p.59)…。あっ…(察し)。
 恥じるという感性自体が欠如している高橋偽史朗は「女性から、女らしさは差別ではなく、むしろ女の強みなのだともっと問題提起をしていただきたいと思います」(同上)…。そっ閉じ。

 

引用文献
高橋史朗(2002)「高校家庭科教科書が危ない! 家族解体のイデオロギーに侵された教科書の実態」『祖国と青年』2002年3月号 日本青年協議会

【トンデモ】高橋偽史朗の仏教教育(自助しぐさ)

f:id:aki_mmr:20200919152134j:plain

 文鮮明=文セイバーのサーヴァントを召喚したマスター高橋史朗は、モラロ大学大学院で「道徳教育原論『臨床教育と道徳教育』という新科目を担当する」(p.43)という。そして、「自らの教育観、子供観を問い直すためには、ホリスティックな仏教思想に学ぶ必要がある」(p.44)とし、オウム真理教に近づこうとしている。
 「Aは非Aである。ゆえにそれはAである、というのが『即非の論理』である」(p.45)…。飛影はそんなこと言わない。
 「『宗教的情操』は『生命の根源に対する畏怖の念に由来する』とした『期待される人間像』」(p.46)…。あっ…(察し)。「家族を重視する日本政府の政策の原点は」「『日本型福祉社会』の実現を目指す『自助から共助、共助から公助へ』というスローガンに凝縮されている」(p.50)。そっ閉じ。

 

引用文献
高橋史朗(2018)「道徳教育と宗教教育・仏教教育についての一考察」『日本仏教教育学研究』 26号 日本仏教教育学会

【トンデモ】親学推進統一協会メッコールマガジン第126号(胎内記憶)

f:id:aki_mmr:20200823143805j:plain

 親学推進統一協会メッコールマガジン第126号(2020年8月17日発行)で高橋偽史朗氏は、次のようなデムパを飛ばしていた。来年3月でモラロ大学は「定年退職となりますので、学者人生を締めくくるべくこの2年間、月刊誌への投稿はやめ、学術論文の執筆と学会発表に専念してきました。学会関係では、日本仏教教育学会と日本家庭教育学会で長年常任理事を務め、理事をしている日本感性教育学会も含め、学会発表を2年間で4回、今秋にも日本道徳教育学会で発表予定です。来年度には、脳科学等の科学的知見に基づく家庭教育原論を出版します」…。疑似科学ですね、わかります。
 「『脳科学等の科学的知見に基づく家庭・道徳教育研究会』(略称『脳家道研』)がいよいよ9月から開催されます」…。この分野で「注目される5人の女性研究者」の一人が「黒川伊保子氏」であり、黒川氏の「わが子の胎内記憶」…「胎児は、『ありがとう』の真ん中にいて、『ありがとう』を口にする人の体内で起こる喜びを、その身体の一部として知るのである」…。
 そっ閉じ。

【トンデモ】高橋偽史朗「少子化対策のパラダイム転換」(文が鮮明)

f:id:aki_mmr:20200726223236j:plain

 文が鮮明な高橋偽史朗は「『家族省』か『人口省』を創設し」「家族機能の維持・強化を含む包括的な家族政策を一元的に推進すること」(p.43)を提案している。「家庭連合省」ですね、わかります。このデムパの背景にあるイデオロギー新保守主義であり、「『日本型福祉社会』の実現を目指し、『家庭基盤の充実』を重視した大平政権の政策を再評価し」(p.46)ちゃってる。日本型福祉社会論は、オイルショックで西欧型の福祉国家への道が断念された後に登場した議論で、“伝統のようなもの”によって社会保障削減を正当化するものである。
 さらに麻原偽史朗は、次のような緊急デムパ宣言を発令している。「社会状況の変化により、自然に『親になる』ことができなくなり、岡田尊司精神科医が言う『母という病』、『父という病』が広がっている」…「児童虐待家庭内暴力が急増し、中高年の自殺やストーカーも増え、世代を超えて日本人の精神的劣化が進み、人心の荒廃は目を覆うばかりである」…「『親力』のみならず『祖父母力』の低下も目立ち、戦後教育を受けた3世代の負の連鎖が広がり、『家族と地域の絆』が崩壊しつつある」(p.49)…。これが"脳内汚染"の実例です。

 

引用文献
高橋史朗(2019)「少子化対策パラダイム転換 従来の対策の限界と今後の課題」『インテリジェンス・レポート』2019年9月号 インテリジェンス・クリエイト

【トンデモ】統一協会と通じている八木禿次(毛滅)

f:id:aki_mmr:20200628012417j:plain

 反「育毛」宣言をして髪型がベジータからクリリンに主体変容しつつある八木禿次は「なぜ『新しい歴史教科書』が批判されたかというと、他社の教科書が展開している階級闘争史観に則っていなかったからです」「他社の教科書は、明らかに中学生に権力と戦えという政治的なプロパガンダを歴史の時間を使って行おうとしているのです」(p.113)などと妄想していた。その厨学生たちは闘争などせず社畜になって愛国残業をするのが“美しい国”の現実である。そして、「韓国政府も革新ないし左翼政権で、日本国内の左翼とも通じている」(p.115)と陰謀論を唱える八木メッコール禿次こそが統一協会と通じている。自分がズブズブなので他人もそうに違いないと思い込んでいるのだろう。八木カタツムリ禿次は表向きは愛国者のふりをしているが、実は真の売国奴、すなわち売壺奴なのである。


引用文献
八木秀次岡崎久彦(2005)「『新しい歴史教科書』は90点 中韓が望む歴史解釈を日本の子どもに押し付けるな」『Voice』 2005年5月号 PHP研究所

【書評のようなもの】櫻井義秀編『アジアの公共宗教』

 「統一教会は日本の右派政治家やフィクサーたちと初期から関係を持った」…「笹川と岸は1967年7月に山中湖畔の笹川私邸で文鮮明と会合を持ち、翌年1月に韓国で国際勝共連合が発足し、同年4月に日本の国際勝共連合が発足した。会長は統一教会会長である久保木修己、名誉会長は笹川良一、顧問団には玉置和郎他自民党政治家が名を連ねた。玉置和郎は1964年に発足した生長の家政治連合の支援を受けて参議院議員に当選していた」(p.159)。
 「統一教会の摂理史観によれば、世界は韓国をメシアの国とする地上天国となり、日本は韓国に屈服することになるのであるから、この歴史観を現在の保守的政治家や右派政治運動に示せば、まったく相手にされないだろう」(pp.164-165)。しかし、八木秀次高橋史朗らは、統一教会の「世界日報」に登場したり、世日クラブで講演をしている。
 「日本の保守的政治家や知識人もその点を飲み込んで統一教会を使っていたのか、あるいは統一教会に使われていたのか判然としない部分がある。日本会議の前身である『日本を守る国民会議』が1981年に設立会議をもち、福田信之(元筑波大学長)はその時の発起人となる。福田は、世界平和教授アカデミー教授にして同アカデミーの企画委員長だった。そして、松下正寿(元立教大学長)世界平和教授アカデミー初代会長もこの設立会議に参加」…「笹川、岸以来の右派的保守政治家に加え、一部大学人も巻き込んだ保守政治サークルを通じて国際勝共連合日本会議ともつながっていた」(p.165)。
 かつて高橋史朗は、世界平和教授アカデミーの"誘いも断り、明確に一線を画している"としていた。しかし今では一線を画さず(隠さず)、文が鮮明に統一されている。これが"真の保守"の実例なのである。

 

引用文献
櫻井義秀(2020)「戦後日本における二つの宗教右派運動 国際勝共連合日本会議」櫻井義秀編『アジアの公共宗教』北海道大学出版会

【トンデモ】毛滅の八木

f:id:aki_mmr:20200521211051p:plain

 非常に文が鮮明な『世界思想』の中において"真の保守"の八木禿次は「同性婚を認めた場合に、男女の婚姻は形骸化、相対化する。そういった点に想像力を働かせなければいけない。世論調査をすると『好き同士なのだから認めてあげれば』という意見が大勢を占める。だから、いや、そういう話ではない、と主張(理論武装)する必要がある」(p.2)としている。理論武装原理研究…。あっ…(察し)。「氏や姓を同じにすることによる『共同体意識』『連帯意識』の効果は実は大きい」(p.3)…。毛滅の八木は、文禿次なのである。そっ閉じ。


引用文献
八木秀次(2019)「八木秀次麗澤大学教授インタビュー 子を産み育てる『婚姻制度の趣旨』の再認識が必要だ」『世界思想』2019年6月号 平和大使協議会