【トンデモ】親学推進統一協会メッコールマガジン第140号(新しい全体主義しぐさ)

f:id:aki_mmr:20211015201244j:plain

 親学推進統一協会メッコールマガジン第140号(2021年10月15日発行)で高橋偽史朗は次のように述べている。「『同性愛は生まれつきか?』を翻訳した楊尚眞教授が翻訳中のガブリエル・クビー著『グローバル性革命-自由の名によって自由を破壊する』も必読の書である。同書によれば、1960年代以降、国連、欧州連合、メディアの支援の下、社会の価値システムを変化させようとする強力なロビー活動が展開され、その目標は『道徳的制約から解放された絶対的な自由』であったという。性的少数者のために『性的規範』を解体し、その結果、『健康な社会を可能にする家族の価値が奪われてしまった』のである」…。
 「欲望から生まれる低俗な行動は、道徳体系を破壊し、人間とその文化を歪曲させてしまう」…「家族は解体され、人間の尊厳性、普遍的道徳価値、イデオロギーを超えた真理の追求と呼ばれる高貴な価値が抑圧され、多くの子供たちと10代の若者が精神疾患に苦しんでいる」…「多くの文化が道徳的堕落によって消滅し、『統一されたアジェンダを追求するグローバルネットワークが存在していることは明らか』であり、『グローバル性革命』という『新しい全体主義』が台頭している」…。
 「一昨年の国連の『子どもの権利委員会』の対日勧告(日本政府に対する総括所見)には、緊急措置が必要な勧告として、『包括的な反差別法を制定すること』が第一に掲げられ、『こども庁』の勉強会で強調された」…「『こども庁』論議をリードしている団体や識者の背後に潜んでいる『新しい全体主義』という新マルクス主義(文化マルクス主義)の狙いは何かを見抜く必要がある」…。
 「子供の権利や自由を強調する人々の善意の背後にうごめく『自由の名によって自由を破壊する』新しい全体主義から、子供を救い出し、家族や家庭、文化、社会を守らねばならない」…。そっ閉じ。

【トンデモ】親学推進統一協会メッコールマガジン第139号

f:id:aki_mmr:20210917191844j:plain

 親学推進統一協会メッコールマガジン第139号(2021年9月15日発行)で文が鮮明に統一された高橋偽史朗は「こども庁」について次のように述べている。「同庁の準備を進めている山田太郎参議院議員によれば、『虐待を受けた子どもは家庭という言葉で傷つくから変えてほしい』という意見(Children Firstの子ども行政のあり方勉強会)によって、当初の『子ども家庭庁』が『こども庁』に変更されたという」「このような『不見識』に対して異議を唱える者がいない勉強会がリードする『こども庁』構想は根本的に見直す必要がある」…。
 「議員立法で『子ども基本法』を制定する見通しであるが、バランスの取れた、国民に開かれた徹底審議を求めたい。詳しくは、モラロジー道徳教育財団『道徳サロン』に連載している拙稿4『「不動の真理」を置き去りにしてはならない』、同6『地獄への道は善意で敷き詰められている』、同44『反日左派と性革命思想に操られる「こども庁」構想・理論』、同『「こども庁」論議に欠落する「健全育成」の視点一他律によって自律へと導く「教育の論理」一』を参照してほしい」…。そっ閉じ。

【トンデモ】高市早苗「『自立と勤勉の倫理』を取り戻す」

f:id:aki_mmr:20210905173703j:plain

 日本人は"和を重んじる民"(和民)であり、「私たち日本人は『自立と勤勉の倫理』を再び取り戻さなければならない」…「国民の依存心を煽る政策は、日本人が大切にしてきた自立心や勤勉の美徳を損ねてしまう」(p.41)のである。
 「このところ、健康そうな若い方が、求職活動をせずに生活保護を申請する傾向を心配しています」(p.43)…「現在の雇用情勢は厳しいですが、仕事を選り好みしなければ、働ける場所は沢山あります」(p.44)…。諸君、愛国企業ワタミで働こう!!過労死は美徳である。アヒャヒャヒャヒャ ヘ(゚∀゚ヘ)(ノ゚∀゚)ノ ヒャヒャヒャヒャ
 「若い世代までが富を生み出さずに福祉のお金を使っていては日本も滅びますので、キャリア教育などで子供たちの勤労観や職業観を養うことも含めて、もう一度大事な価値を取り戻したいと考えています」(pp.44-45)。日本人の大事な価値、それは自己犠牲、滅私奉公…つまり社畜(期待される人間像)になることである。サービス残業万歳!ワタミ神社で会おう(o´・ω・`o)ノシ

 

引用文献
高市早苗(2011)『「日本」を取り戻そう!  民主党政権には守れない国家と国民』國民會館

【トンデモ】「WGIP論争は左派の敗北」「原点はタヴィストック研究所」「伝えられよ」

f:id:aki_mmr:20210821150147j:plain

 木佐芳男は、WGIP(ウギップ)「をめぐっては、インターネット上で、左右両派による激しい論争が延々とくり広げられてきた」…「関野は正論2015年5月号でも論文を書き、事実上、左右論争は左派の敗北で終止符を打った」(木佐 p.132)などとデムパを飛ばしている。「WGIP陰謀史観として否定する論者は、秦は別だが、日本独自の左翼思想に傾倒しているか、その人自身がふかくマインド・コントロールされている可能性が高い」(同上 p.133)…。えっ。「高橋史朗は、著書『「日本を解体する」戦争プロパガンダの現在』の第2章で、WGIPの源流と形成過程を詳しく論じている」として偽史朗を引用し「『洗脳の原点は何か』という疑問であるが、結論から述べれば、その原点がタヴィストック研究所にあったのだ」(同上 p.134)…。あっ…(察し)。
 井上和彦によるとWGIP(ウギップ)という「"洗脳政策"によって、日本人は軍隊や軍事を無条件に忌み嫌うようにな」(井上 p.4)った。しかし「幾百万の将兵達は、至純の愛をもって戦ってくれたことを忘れてはならない」…「諸国から訪れる旅人たちよ、この島を守るために日本軍人がいかに勇敢な愛国心をもって戦い、そして玉砕したかを伝えられよ」(同上 p.140)。そっ閉じ。

 

引用文献
木佐芳男(2018)『「反日」という病 GHQ・メディアによる日本人洗脳を解く』幻冬舎
井上和彦(2013)『日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争』産経新聞出版

【トンデモ】高橋偽史朗「戦後教育の原点・WGIPの検証」『新・東京裁判論』

f:id:aki_mmr:20210809131311j:plain


 「『史朗』という私の名前は、父が占領下の日本の歴史を明らかにしてほしいという願いでつけた名前だということを、私は30歳のときに初めて知りました」(p.93)。シラネーヨ。
 「実はコミンテルンの秘密工作員共産主義者たちがGHQと非常に癒着した形で占領政策を誘導してきた」(p.94)という妄想をする高橋偽史朗は「私の先祖も武士ですが、いつも祖父から聞きました。先祖は、兵庫・龍野の脇坂藩の筆頭家老でした」(p.102)。過労…いや家老しぐさ。
 「『徹底検証 日本の右傾化』(塚田穂高編著、2017年)の中で、哲学研究者の能川元一氏がWGIPの批判をしています。その批判のポイントの第1は、要するに、WGIPは、きちんと客観的に裏付けされていないではないかという批判でした。それは関野通夫さんが2015年に『日本人を狂わせた洗脳工作』をお出しになって」…「資料的な裏付けがないということは事実に反することは、今日では常識となりました」(p.103)。えっ。
 「能川氏がWGIP論を批判した2つ目のポイントは」…「洗脳の効果が半世紀もの間持続しているという右派の主張は、洗脳に関する心理学の知見に反している」…「戦後70年も続いているというのは心理学の洗脳の知見に反するという反論です」…「そこで、私はこれからそれに対してきちんと反論していこうと思っています」(p.110)。超心理学会でやってください。
 「反日日本人たちは、『反日』という言葉を嫌います。私たちは『反日』ではないという。それは先ほどの能川元一氏の論文にも出てくるのです」(p.117)…。どう見ても高橋偽史朗こそが反日日本人であり、”高橋らの集団”は日本を「変な国」にしようとしている。「私は毎年、アメリカで1万キロ以上レンタカーを運転しながら研究を続けています」(p.118)。レンタカーしぐさ。そっ閉じ。

 

引用文献
高橋史朗(2018)「戦後教育の原点・WGIPの検証」 櫻井よしこ他『新・東京裁判GHQ戦争贖罪計画と戦後日本人の精神』産経新聞出版

【トンデモ】のぶみしぐさ

f:id:aki_mmr:20210720232231j:plain

 親学推進統一協会メッコールマガジン第105号(2018年10月15日発行)で高橋偽史朗は「『ママのスマホになりたい』という人気絵本作家のぶみ作の文章を引用したい」…「幼児の切実な叫びが胸を打つ。この文章の子供の朗読がインターネットで公開されているので、是非聞いてほしい。こうした貴重な情報を親学アドバイザー同士のネットワークを確立して共有してほしい」…。のぶみしぐさ。

【トンデモ】偽史朗「Y染色体」「反日政治活動資金」「男性差別」(頭がQ)

f:id:aki_mmr:20210714073922p:plain

 運命を切り開く男がいる!天に背く男がいる!それは共同神拳2600年の宿命。
 見よ!今この長き髭の歴史に終止符が打たれる!


 「2020年3月9日付で、国連の女子差別撤廃委員会から日本政府に対して、『皇室典範について、現在は皇位継承から女性を除外するという決まりがあるが、女性の皇位継承が可能になることを想定した措置についての詳細を説明せよ』という事前質問が送られてきた」…「4月15日、市民団体『国連委信頼性向上協会』が、『女子の皇位継承に関する事項』を問題点一覧表より削除するための要請を行い」…「7月3日、動物行動学研究者の竹内久美子氏と『慰安婦の真実国民運動』の山本優美子幹事長が、『Y染色体と皇統の男系男子継承の意味』の観点から同委員会に同様の削除要請を行った」(p.73)。八木禿次のY染色体を守るのが真の保守である。
 そして真の保守・高橋偽史朗は「過激な反政府活動で知られる『人権派弁護士』たちが、『DVから子供を守る』という大義名分を隠れ蓑に、『実子誘拐ビジネス』を推進し、莫大な反日政治活動資金に充てている偽善を許してはならない」(p.91)などと妄想している。
 「養育費の義務化のみをことさらに主張して『共同養育』を軽視し、共同親権に反対する主張を一部の女性団体などがしているが、これは『男性は仕事だけしてお金だけ出せば良い』という、男女共同参画の理念に反する差別意識が背景にある」「このような歪んだ『逆差別』意識を解消していく必要がある。男性をATMのように扱う主張は明らかな人権侵害であり、このような考え方が男性差別であるという認識を社会に広く浸透させる必要があろう」(pp.87-88)。男性差別(゚∀゚)キタコレ!!

 

引用文献
高橋史朗(2020)「実子誘拐・共同養育・共同親権問題に関する一考察 EU議会決議・国連への対応はいかにあるべきか」『歴史認識問題研究』第7号 歴史認識問題研究会