【トンデモ】のぶみしぐさ

f:id:aki_mmr:20210720232231j:plain

 親学推進統一協会メッコールマガジン第105号(2018年10月15日発行)で高橋偽史朗は「『ママのスマホになりたい』という人気絵本作家のぶみ作の文章を引用したい」…「幼児の切実な叫びが胸を打つ。この文章の子供の朗読がインターネットで公開されているので、是非聞いてほしい。こうした貴重な情報を親学アドバイザー同士のネットワークを確立して共有してほしい」…。のぶみしぐさ。

【トンデモ】偽史朗「Y染色体」「反日政治活動資金」「男性差別」(頭がQ)

f:id:aki_mmr:20210714073922p:plain

 運命を切り開く男がいる!天に背く男がいる!それは共同神拳2600年の宿命。
 見よ!今この長き髭の歴史に終止符が打たれる!


 「2020年3月9日付で、国連の女子差別撤廃委員会から日本政府に対して、『皇室典範について、現在は皇位継承から女性を除外するという決まりがあるが、女性の皇位継承が可能になることを想定した措置についての詳細を説明せよ』という事前質問が送られてきた」…「4月15日、市民団体『国連委信頼性向上協会』が、『女子の皇位継承に関する事項』を問題点一覧表より削除するための要請を行い」…「7月3日、動物行動学研究者の竹内久美子氏と『慰安婦の真実国民運動』の山本優美子幹事長が、『Y染色体と皇統の男系男子継承の意味』の観点から同委員会に同様の削除要請を行った」(p.73)。八木禿次のY染色体を守るのが真の保守である。
 そして真の保守・高橋偽史朗は「過激な反政府活動で知られる『人権派弁護士』たちが、『DVから子供を守る』という大義名分を隠れ蓑に、『実子誘拐ビジネス』を推進し、莫大な反日政治活動資金に充てている偽善を許してはならない」(p.91)などと妄想している。
 「養育費の義務化のみをことさらに主張して『共同養育』を軽視し、共同親権に反対する主張を一部の女性団体などがしているが、これは『男性は仕事だけしてお金だけ出せば良い』という、男女共同参画の理念に反する差別意識が背景にある」「このような歪んだ『逆差別』意識を解消していく必要がある。男性をATMのように扱う主張は明らかな人権侵害であり、このような考え方が男性差別であるという認識を社会に広く浸透させる必要があろう」(pp.87-88)。男性差別(゚∀゚)キタコレ!!

 

引用文献
高橋史朗(2020)「実子誘拐・共同養育・共同親権問題に関する一考察 EU議会決議・国連への対応はいかにあるべきか」『歴史認識問題研究』第7号 歴史認識問題研究会

【トンデモ】親学推進統一協会メッコールマガジン第136号

f:id:aki_mmr:20210615203134j:plain

 親学推進統一協会メッコールマガジン第136号(2021年6月15日発行)によると高橋偽史朗は「4月から麗澤大学の対面授業が始まり、『新しい道徳の探究』という新科目の結婚学、親子学を担当することになった。また、東京都モラロジー協議会主催の『髙橋史朗と共に学ぶ会』講演会と討論会を年内に毎月各2回行うことになった。6月からは少数精鋭の『髙橋塾』も開講することになった」という。
 「ところで、時代の変化とともに、グローバル化が進み、『道義国家日本』の基盤となってきた家庭・家族の絆が大きく揺らぎ始め、結婚・家族制度の解体化が進行し、子育て文化が危機に瀕している」…。「結婚相手がいなくても親密性を満足させる仕組みも社会に広がりつつある。キャバクラやメイドカフェ、風俗店やポルノ、漫画やアニメなどによって性的欲求を満たす装置が蔓延していることも大きな影響を及ぼしていると思われる」…。そっ閉じ。

【トンデモ】キバヤシロウ「人類は存亡の危機に瀕する」

f:id:aki_mmr:20210508165600p:plain

 「マルクス主義史観のイデオロギーに偏った親ソ・親中・反米・反天皇的な学者の巣窟である歴史学研究会」(p.48)などと述べる高橋偽史朗は、名越史観のイデオロギーに偏った"親米・反日"的なカルトの巣窟である世日クラブで講演し、世界日報に何度も登場。
 頭がQで鮮明な高橋偽史朗によると「GHQWGIPの一環として、左派の反日学者を結集して自虐的な歴史教育ラジオ番組を作成させたが、その中心メンバーが昭和24年に『歴史教育者協議会』(略称「歴教協」)を結成し、日本学術会議と連携してきた」(p.60)という。WGIPについては「有馬哲夫教授は近著『日本人はなぜ自虐的になったのか一占領とWGIP』(新潮新書)によって、『GHQ洗脳説』を否定した賀茂道子『ウォー・ギルト・プログラム』や若林幹夫『「GHQ洗脳説」は誤りである』、山崎雅弘『歴史戦と思想戦』、秦郁彦陰謀史観』等を、WGIP文書の第一次史料に基づいて完膚なきまでに批判している」(p.54)…。能川元一氏(塚田穂高編『徹底検証 日本の右傾化』)には言及せず、スルーしぐさ。
 さらに『MMR』状態のキバヤシロウは次のように述べている。「ジェンダーが人間を縛らなくなったら、人間は繁殖の作法を失い、人類は存亡の危機に瀕する」「ジェンダーには積極的意義があり、これが失われたら人間は生きていけないのである」(p.56)…。な、なんだってー!!
 「わが国は親子・夫婦・家族一体という精神的伝統を特徴としており、同氏同一戸籍という戸籍制度によって、家族と社会の秩序が安定的に保たれてきた。夫婦の氏が違えば、家の墓を守るとか、先祖供養をするという伝統が希薄になり、配偶者の老親介護に対する責任意識も希薄化しかねない」(p.59)…。えっ。そっ閉じ。

 

引用文献
高橋史朗(2021)「日本学術会議歴史認識歴史教育ジェンダー分科会提言の今日的影響と問題点」『歴史認識問題研究』第8号 歴史認識問題研究会

【トンデモ】偽史朗の書評(タヴィストック研究所)

f:id:aki_mmr:20210403001616j:plain

 文が鮮明に統一された原理を研究して家庭を連合させる高橋史朗は、「WGIPに関連する第一次史料に基づいて出版した『歴史の喪失』(総合法令出版、1997)、『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』(致知出版社、2014)、『「日本を解体する」戦争プロパガンダの現在−WGIPの源流を探る』(宝島社、2016)」(pp.153-154)などと意味不明な供述をし、自分のトンデモ本を紹介しぐさ。
 しかしながら、「タヴィストック研究所」(p.155)、「英タヴィストック研究所」(p.156)はあるのに300人委員会は登場しない。つまらない史朗は、そろそろハゲるべきだ。もっと強気で行け。

 

引用文献
高橋史朗(2020)「<書評>有馬哲夫『日本人はなぜ自虐的になったのか 占領とWGIP』」『歴史認識問題研究』第7号 歴史認識問題研究会

【トンデモ】八木禿次は何と戦っているのか

f:id:aki_mmr:20210320171025j:plain

 八木禿次は「トランプ政権下の米国で何が起きているかを政治思想の観点から描いた『トランプ「超・保守改革」神と自由を取り戻す!』(世界日報社)を読んだ。著者は日刊紙『世界日報』のワシントン特派員を長く務めた同紙編集委員の早川俊行氏」(p.284)…。文が鮮明である。
 オバマ大統領は「独立宣言から『創造主』という文字を省いて引用したことが何度もあった。2016年11月のサンクスギビング(感謝祭)デーの声明では、一度も『神』に言及しなかった」(同上)…。また髪の話してる。
 鮮明な八木禿次は、髪をトリモロスための戦いをしなければならないのだ。

 

引用文献
八木秀次(2019)「トランプ米大統領は何と戦っているのか」『正論』2019年12月号 産経新聞

【トンデモ】「私が胎内に宿っている時」「新進気鋭の教育学者ともてはやされ」

f:id:aki_mmr:20210216202320j:plain

 親学推進統一協会メッコールマガジン第132号(2021年2月15日)によると「モラロジー研究所は、4月から『モラロジー道徳教育財団』に名称を変更し」「『道徳科学のシンクタンク』『道徳教育のプラットフォーム』としての存在価値の向上を目指すことになった」のだという。「道徳」のくだらなさを示したと思います。
 高橋偽史朗は「私が胎内に宿っている時に母が熱心に学んだモラロジーの教えに導かれ、私もモラロジー講座を受講しながら、モラロジー専攻塾で30年近く講義を担当するご縁をいただき、モラロジー研究所の研究員や職員、廣池学園の教職員になった教え子たちとともに勤務し、道徳科学研究センター(歴史研究室)の教授をさせていただいている」という。
 「平成24年親学騒動が勃発して親学推進協会理事長を退任し、災いを転じて福となすべく心機一転し、残りの人生をこれまでライフワークとして取り組んできた在米占領文書研究の仕上げに専念する決意を固め」た結果が300人委員会であった。みっともない髭ジジイですね。
 「学会関係では、平成19年から日本感性教育学会評議員・理事、日本家庭教育学会常任理事、平成26年から日本仏教教育学会常任理事に就任し、今日も務めている」が、世界平和教授アカデミーとは一線を画し(隠し)ている。「34歳で政府の臨教審専門委員に選ばれ新進気鋭の教育学者ともてはやされ傲慢になっていた」…。えっ。そっ閉じ。