読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【トンデモ】関野通夫『続・日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお蔓延るWGIPの嘘』

f:id:aki_mmr:20160609024313j:plain

 『保守論壇を狂わせたデムパ いまなお蔓延る高橋史朗氏の嘘』…じゃない、えっと、『続・日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお蔓延るWGIPの嘘』(関野通夫氏のトンデモ本)も酷すぎる。関野氏は前作のトンデモ本を書いて「日本人は何故かくも簡単に騙され、洗脳に引っかかりやすいのか、という疑問が沸き起こ」(p.2)ったという。その騙されやすい日本人の関野氏は「南京事件慰安婦問題は、中・韓・反日左翼による全くの捏造」(p.18)、「南京事件日本兵が行ったとされる残虐行為は、実は中国人ならこうやるということを日本兵に投射したもの」(p.95)、「欧米人の思考法は左脳的で、日本人の思考法は右脳的」(p.22)、「アルファベットというデジタル的な文字しか使わない欧米人は、必然的にデジタル思考に、漢字というアナログ的文字しか使わない中国人はアナログ的思考にと、単能的にならざるを得ません」(pp.22-23)、「農耕民族の日本人は状況対処型で、狩猟民族の欧米人や中国人は状況作為型」「中国人やアメリカ人は、あまりに堂々と嘘をつくので、まじめな日本人は、つい本当だと思ってしまう」(p.37)、「日本人特有の言霊信仰」(p.64)、「『正しい家族観』の喪失もWGIPの狙い」(p.100)、「家族崩壊は、占領軍が推し進めた戦後教育の影響が大」(p.101)とか高橋史朗氏のようなデムパを飛ばす。「平成25(2025)年」(p.99)は、たぶん誤記しぐさ。「メディアの報道は、眉に唾付けて見、読み、聞き、簡単に信用しないようにしないと、とんでもない嘘を事実として刷り込まれしまう危険があり」(p.30)、産経新聞を鵜吞みにすると高橋史朗氏に騙され、WGIPしぐさを信じちゃう。

 

引用文献
関野通夫 (2016)『続・日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお蔓延るWGIPの嘘』自由社