読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【トンデモ】八木秀次『反「人権」宣言』

f:id:aki_mmr:20161019230120j:plain

 未来人・ジョン・タイター八木秀次氏が現代に来ちゃって「電車の窓から何気なく外を見ていたら『21世紀は「人権の世紀」です』という文字が飛び込んできた。公共施設の壁紙に掛けられた垂れ幕の文字である」(p.197)。もちろんY染色体八木秀次氏のいた未来では「ビッグブラザーがあなたを見ている(Big Brother is watching you)」の文字であり、「『人権』は否応なくエゴイズムを是認し、またそればかりか歴史を否定し、家族や学校などの共同体を解体に導き、秩序を混乱させるような政治的主張をも肯定するものである」(pp.199-200)とされちゃってる。
 カタツムリ・八木秀次氏は「『ジェンダー・フリー』とは雌雄同体、雌雄の区別がつかないカタツムリのような生き物に人間をしてしまおうという発想」(p.183)だとし、「現代の家族は危機的な状況にある」「『人権』が家族の結束を脆いものにし、解体させている」(p.121)と警告している。また、疑似「脳科学者の澤口俊之氏は、人間は生物のなかでも未熟に生まれて来るが、そのなかでも日本人をはじめとするモンゴロイドは他の人種に比べても未熟」(p.191)…云々を紹介し、「今日の青少年のさまざまな荒廃現象は、澤口氏の言うように前頭連合野の未発達によるものと考えると納得がいく。そうであるなら、『男女共同参画』ないしフェミニズムの発想が今日の青少年の荒廃現象を間接的に招いた」(同上)…。
 「人権」は「日本人的感覚とは全く異質のもの」(p.12)、「少年犯罪・非行の背景には『人権教育』の過剰と『道徳教育』の欠如がある」(p.104)、「戦後は一貫して『規範の喪失の時代』」(p.105)、「今日の子供たちの荒廃ぶりは」「戦後の社会風潮の“成果”」(p.106)…。実際には少年犯罪は増えておらず、八木ツムリ氏も「犯罪は増えていないという論評が見られる」(p.107)としているが、減少は増加である(新語法)。「農耕社会を基盤とする日本では他との協調を重視し、争い事や自己主張を嫌う。日本人の多くは『権利』『権利』と叫んで自己利益の実現を主張する姿勢に違和感を覚える」(p.23)のであり、高橋史朗氏のように自己主張してデムパを飛ばす者は嗤われてしまう。カタツムリズムの思想家の「バークが最も嫌悪したのは、現在ただ今を生きている者が、ただそれだけの理由で、まるで万能者であるかのように、祖先を顧みることなく、その『理性』を振り回して世の中を変革しようなぞという『なりあがりの高慢』な態度を示すことで」(p.61)あり、「『理性的で人間的な自由』」「という発想は無秩序をもたらす」(同上)のである。つまり人類は「理性」を捨て、カタツムリ(八木秀次)になることによって秩序が保たれくぁwせdrftgyふじこlp。

 

引用文献
八木秀次(2001)『反「人権」宣言』筑摩書房