【トンデモ】八木秀次「児童虐待とオスの本能」(『正論』2018年8月号)

f:id:aki_mmr:20180714214640p:plain

 「髪の保守」のほうは失敗した「真の保守」(真のお父様を保守)のメッコール八木禿次氏は、「男は自分の子供であっても直ぐには『父親』にはなれない」…「自分の子供以外は育てられない。愛情を掛けられない」(八木 pp.40-41)と述べている。「自分の遺伝子を持たない別の男性の子供は敵でしかない。動物によっては別のオスの子供は殺すという」(同上 p.41)。人間的な客観的な見方をするならば、これは殺生です。しかし、ヴァジラヤーナの考え方が背景にあるならば、これは立派なポアです。 虐待をした「父親はオスの本能に忠実であったに過ぎないのかも知れない」…「虐待が目立つ家庭の特徴の一つに母親がいわゆる『できちゃった結婚』」…「10代後半あたりからの安易な性行為の結果、妊娠し」…「ここにオスの本能が頭をもたげると、妻の連れ子への虐待という結果に繋がることもある。『結婚』は男女が結び付くだけの関係ではない。安定的に子供を産み育てる制度として設計されたものだ」(同上)…。“設計主義”を否定したり肯定したりする純潔キャンディ八木禿次氏は、人間の原罪はアダムとエバがサタンを中心として愛の関係を結んだことにあると思ってそう。
 八木禿次氏など産経新聞(世界日報)に載っているような「真の保守」は「親韓嫌韓」(親・軍事政権/嫌・民主化)で、つまり民主主義の敵であり、日韓癒着を隠しながら文が鮮明に統一されたデムパを放ち、美しいエバ国家日本の言論界を堕落させている。しかも、彼らは統一されているのに統一されておらず、例えば「KCIA(韓国中央情報部)の手先となって、日本やアメリカで内政干渉をくりかえしている勝共連合が、『スパイ防止』などということ自体、みずからの正体隠し」(中川 p.78)で「KCIAを『スパイ団』(思想新聞号外)にみずから入れておきながら」「KCIAの日本での活動を弁護してい」(同上)るという矛盾しぐさ。

 

引用文献
八木秀次(2018)「児童虐待とオスの本能」『正論』2018年8月号 産経新聞
中川信夫編(1979)『日韓タブーと言論の自由 言論・文化の日韓癒着を抉る』晩聲社

【トンデモ】鮮明な「教科書問題研究会」(洗脳された名越)

f:id:aki_mmr:20180704220556j:plain

 森本真章氏と滝原俊彦氏の共著『疑問だらけの中学教科書』は「監修者として筑波大学長・福田信之氏」(p.10)…。「本の前書きの終わりに、『教科書問題研究会』という組織が紹介されている」…「名越二荒之助」…「研究会のメンバーが『手弁当』で何度か集まった場所は」「世界平和教授アカデミー事務局」(p.11)。あっ…(察し)。名越二荒之助氏を“洗脳”したのは森本真章氏とのこと。「名越氏は日教組に入っていたらしいが『私の洗脳を受けて』(森本氏)脱退することになった」(p.12)…。そっ閉じ。

 

引用文献
五十嵐文生(1981)「『教科書問題研究会』の意外な実力 背後に自民党統一教会の影」『朝日ジャーナル』1981年4月24日 朝日新聞社

【書評のようなもの】早川タダノリ編著『まぼろしの「日本的家族」』

 「誰だろう、親学とセットで写真がよく出てくるこのひげ面の人は?」(堀内 p125)。あっ…(察し)。「いったい高橋が何人いるのかと思うほど、全国を飛び回っていた」(同上 pp.126-127)という高橋史朗は300人いる。
 親学推進統一協会・エバ国家日本会議高橋史朗が述べる「『家族(親子)の絆』という美しい看板を掲げながら、各家族の『自助努力』を基本とする『日本型福祉社会』論は、福祉予算を可能なかぎり削減するためのネオリベ的福祉政策のイデオロギー」(早川 pp.42-43)である。
 世界日報…ではなく「『産経新聞』は2005年9月26日付朝刊に掲載した『「反進化論」米で台頭 渡辺久義・京大名誉教授に聞く』という記事で、インテリジェント・デザイン論」「を好意的に取り上げている」…「渡辺が代表を務める創造デザイン学会の連絡先は世田谷にある世界平和教授アカデミー内に設定されているが、これは旧統一協会のフロント団体としてよく知られている」(能川 p.71)…。
 スゥ…高橋史朗です。「この1年間、一度も講演も執筆もしていないアジア平和女性連合やたった一度講演(執筆はしていない)したにすぎない東西南北統一運動国民連合の『御用学者』であるはずがない。同連合の役員や『平和教授アカデミー』の会員になっているのであれば、『御用学者』との批判も甘んじて受けねばならないであろうが、筆者はいずれの誘いも断り、明確に一線を画している」(高橋 p.163)。

 

引用文献
堀内京子(2018)「税制と教育をつなぐもの」早川タダノリ編著『まぼろしの「日本的家族」』青弓社
早川タダノリ(2018)「『日本的家族』のまぼろし」早川タダノリ編著『まぼろしの「日本的家族」』青弓社
能川元一(2018)「右派の『二十四条』『家族』言説を読む」早川タダノリ編著『まぼろしの「日本的家族」』青弓社
高橋史朗(1994)『間違いだらけの急進的性教育 エイズ・性をどう教えるか』黎明書房

【書評のようなもの】永田浩三編著『フェイクと憎悪 歪むメディアと民主主義』

 とりあえず引用しぐさ。
 「ここ数年の『正論』『WiLL』『Hanada』『SAPIO』といった雑誌に掲載された記事のタイトル」が「批判というレベルをはるかに超えた、特定の民族や人種への差別と排除を扇動する言葉」(川端 p.68)になっている。エバ国家日本会議高橋史朗氏は、親学推進協会メールマガジン第83号で「読者の関心を集めるための刺激的で下品なタイトルに悩まされてきた」などと述べていたが、史朗を覗くとき、史朗を覗いているのである。ポストオウムの時代に「高橋らの集団」によって「新しい歴史教科書をつくる会」が設立されてから、「保守論壇誌にも『つくる会』関係者の歴史教育批判や歴史修正主義の主張が掲載され」…「教育学者の高橋史朗は」「『生学連』(生長の家学生会全国総連合)の幹部活動家」(同上 p.73)…。この高橋史朗氏は、家庭連合(統一協会)とも関りがあり、かつて雑誌『知識』にデムパを載せたり、ビデオ『性教育過激派のねらい』に出演したり、最近では「世界戦略総合研究所」や「アジアと日本の平和と安全を守る山梨県フォーラム」で危ないデムパを飛ばしていた。家庭連合(統一協会)も親学を推進しており、「親学批判者は文化共産主義」とのこと。しかも高橋史朗氏は、オウ…いや、幸福の科学にも関わっている。「保守論壇誌のほうは、“組織買い”をねらったコンテンツにも熱心に取り組み始めている。たとえば、2016年に別冊『正論』が『霊性・霊界ガイド』という一冊丸ごとオカルト大特集を組んだが、これは幸福の科学など宗教右派の組織買いをあてこんで企画されたものではないかといわれている」(同上 p.79)。高橋史朗氏が3000部ぐらい買ってそう。一方、久保木修己…じゃない、えっと、「『正論』では」「安倍ブレーンの八木秀次が」「天皇批判ともとれる文章を掲載」(同上 p.82)…「安倍応援団は」…「カルト宗教のような個人崇拝ぶり」(同上 p.83)…。あっ…(察し)。
 2017年11月に辻大介氏が実施したWEB調査では、「保守的(あるいは右派的)な政治意識」…「いわゆる『嫌韓嫌中』感情」(辻 p.249)…「政治や社会問題について、過去1年間にネット上で意見・考えを発信したり、議論に参加したことがある」…「以上3つの条件すべてに当てはまる『ネット右翼』層は、全回答者4007人のうちの85人、2.1%であった」…「回答者がネットのヘビーユーザーに偏り」「この2.1%という数値は実際より高めに出ていると思われる」…「事後層化という手法で簡易補正をかけると、『ネット右翼』率は1.1%まで下がる。100人に1人、もしくはそれを下まわるくらいが実情だろう」(同上 p.250)。アダルトマン将軍は100人に1人ぐらいいるが、彼らは「嫌韓」であっても「日韓癒着」(保守論壇誌における「閉された言語空間」)にはスルーしぐさで、そっ閉じ。

 

引用文献
川端幹人(2018)「劣化する『保守』論壇誌と極右運動」永田浩三編著『フェイクと憎悪 歪むメディアと民主主義』 大月書店
辻大介(2018)「メディアの党派化と世論の分断」永田浩三編著『フェイクと憎悪 歪むメディアと民主主義』 大月書店

【トンデモ】幸福しぐさ②

f:id:aki_mmr:20180616014828j:plain

 「今日の宗教ブームの特徴は」…「幸福の科学オウム真理教などの新・新宗教の流行にある」(p.35)。「1980年代、神秘主義的、非合理主義的文化の一翼を担ったのが、アメリカを起源とする『ニューサイエンス』という新しい思想潮流の流行であった」…「『ニューサイエンス』は、分析的方法を否定して全体性を主張するので、それは直観に基づく総合という非合理的発想に陥るのである。そして、それが東洋の神秘主義に結びつき、宇宙の根底に『霊』を認めるところまでになる」(p.45)。「新・新宗教のなかで急速に勢力を拡張しているのが『幸福の科学』で」「その指導者が大川隆法である」(p.47)。大川は「祭政一致の復活をめざすきわめて反動的な政治思想」…「大川が考える憲法改定に向けて、政経塾をつくり、政治家を養成したいとのべている」…「とくに、大川のファッショ的な反民主主義思想が凝縮しているのが、彼のアジア認識である。大川は、『ノストラダムス戦慄の啓示』を出版し、そのなかで」…「東南アジア侵略についての何の批判的精神もなく、『それ以上のもの』をめざすべきというきわめて露骨な大国主義・覇権主義の思想をのべている」(p.48)…。「『幸福の科学』の動向はきわめて危険な政治的方向を持つものとして注目していかなければならない」…「新・新宗教は神秘的で非合理的な社会状況を強めて」…「日本の反動化の推進的役割をはたそうとする潮流を含んでいる」(p.49)。あっ…(察し)。

 

引用文献
山田敬男(1992)「新・新宗教と青年たち」『歴史評論』1992年9月号 校倉書房

【トンデモ】あなたの知らない世界日報

 

f:id:aki_mmr:20180614221501j:plain

 「最近講演会や談話形式の席にお招きをいただく機会が多い。PTA関係、文化協会、あるいは政治研究会などと多種多様である」…「昭和63年9月26日」…「主催は世界日報社の世日クラブである」…「この世日クラブとは昭和57年5月18日に設立されたクラブで、世界日報をより広範に活用し、著名な講師陣を迎えて、会員の意識高揚と親睦を図るために発足された」…「クラブのメンバーも、政界、財界をはじめとする各界で活躍されているそうそうたる顔ぶれである」(p.177)…。あっ…(察し)。新倉イワオ氏は、世日クラブで「これはもう皆さんがよくご存じの通り、悪徳心霊云々ということで、どうしてそういうものに引っかかっちゃうんだろうなあと思うんですが、そこが人の弱さです」(p.201)…。これが“あなたの知らない世界日報”の実例です。「私はこの心霊の世界で」「いろいろな現象を見てきました。例えば金粉現象」(p.206)…。そっ閉じ。

 

引用文献
新倉イワオ(1989)『あなたの知らない世界 16』日本テレビ放送網

【トンデモ】前前前世界日報(エバ国家の防人)

f:id:aki_mmr:20180613220351j:plain

 鮮明な高橋偽史朗氏(前前前世界日報)によれば、エバ国家日本の「占領政策の根本になったのはウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムという、日本人を内的自己崩壊させる政策です」(p.36)…。「稲田朋美防衛大臣教育勅語に関して、『道義国家』」…「『道義国家』という言葉がこれほど危険視されるのか。その根源がウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムなのです。日本人の心から誇りや自信を失わせるという政策がなされたのです」(pp.36-37)…。「マスコミのニュースで、最近起きている事件を見ていますと、まさに日本人が大事にしてきた家族の絆が大きく崩壊しています」…「道義国家の土台となった家族の絆を取り戻し、そして日本を取り戻すために」…「安倍総理の『戦後レジームからの脱却』を目指して」「憲法改正に全力を尽くす必要があります」…「本当の日本というものを世界に発信しなければなりません」…「世界に向かって日本の本当の姿を発信していく」(p.44)…。そっ閉じ。

 

引用文献
高橋史朗(2017)「基調講演 祝日の意義」『國の防人』第3号 展転社