【トンデモ】シオン議定書(シロウ議定書)

f:id:aki_mmr:20171203140914j:plain

 「古来『陰謀論』と位置づけられる言説は数多いが、『シオン長老の議定書』(あるいは「プロトコル」、以下『議定書』と略)はそのなかでもおそらく最も世界中に拡散し、また様々な陰謀論に影響を与え、その源泉となった『偽書』である」…「近年ではインターネットという新たなメディアを通し、いかようにも解釈される節操のない無国籍文書となっている」(p.189)。「『議定書』は日本においても欧米に伝播したのと同時期に、大正末期から昭和にかけて翻訳、紹介され、大量に出版された」(p.190)…「日本における反ユダヤ主義の伝播の契機となったのは、ロシア革命シベリア出兵であった」…「要するに日本では外来思想の脅威を説明するために、外来イデオロギーとしての反ユダヤ主義が導入されたのである」(p.198)。吉野作造は「ユダヤ人の陰謀という誤解が当時の日本人の間で信じられている状況を嘆き、『議定書』の作者が民主主義、自由主義、男女平等、普通選挙運動といった『新思想』を危険視し、さらには国際連盟平和運動など自由、進歩、平和の目的を持つあらゆる運動を『ユダヤ=フリーメーソン』の汚名とともに排斥する事が根本目的の『驚くべき頑迷な反動思想』であると指摘した」(p.205)…。あっ…(察し)。

 

引用文献
高尾千津子(2017)「ユダヤ陰謀説 日本における『シオン議定書』の伝播」小澤実編『近代日本の偽史言説』勉誠出版

【トンデモ】壺学メッコールマガジン第94号(偽史朗)

 

f:id:aki_mmr:20171125021007j:plain

 文が鮮明な親学推進協会メールマガジン第94号(2017年11月15日発行)で300人委員会・高橋偽史朗氏は、「能川元一氏は『徹底検証・日本の右傾化』(筑摩選書)において、『陰謀史観』『洗脳の効果』の視点からWGIP(ウォーギルト・インフォメーション・プログラム、日本人の潜在意識に戦争贖罪意識を植え込もうとする情報宣伝計画)論を批判」していることを紹介しぐさ。『徹底検証 日本の右傾化』の宣伝乙。ウォー・ギルト・メッコール・高橋偽史朗氏は反論のようなものを書いているが支離滅裂で「洗脳された日本兵の影響力の効果は今日にまで及び、WGIPは現在進行形で『今も生きている』のである。まさに『「洗脳」の効果が70年もの間日本社会を呪縛』し続けているのである」…。GHQの祟りじゃ~。日本会議は、生長の家信者の学生運動が源流であるが、鈴木エイト氏によると「統一教会の上層部には日本会議の会員も多く、『世界日報』の読者で構成され、保守系知識人を招いて定期講演会を行っている世日クラブにも、日本会議関係者が多数いる。両者は様々な関連組織を通じて交流している」(鈴木 p.347)という。旧統一協会に誘われた高橋偽史朗氏は「筆者はいずれの誘いも断り、明確に一線を画している」(高橋 p.163)と述べているが、一線を画し(隠し)ておらず、鮮明な雑誌『知識』に載ったり、壺ビデオ『性教育過激派のねらい』に出演して焚書しぐさ。
 「1999年は、間近に迫っている」…「われわれは、近いうちに、好むと好まざるとにかかわらず、ノストラダムスの予言の真相、日本沈没の有無、そして、文鮮明師が救世主であるか否か――を間違いなく体験できるだろう」(高坂 p.189)。そっ閉じ。

 

引用文献
鈴木エイト(2017)「統一教会=勝共連合 その右派運動の歴史と現在」 塚田穂高編『徹底検証 日本の右傾化』筑摩書房
高橋史朗(1994)『間違いだらけの急進的性教育 エイズ・性をどう教えるか』黎明書房
高坂満津留(1994)『ついに解明された1999年』光言社

【トンデモ】佛所護念しぐさ②(鮮明な偽史朗)

f:id:aki_mmr:20171101005141j:plain

 適当に抜粋しぐさ。

 

『佛所護念』昭和46年6月1日
 「第三回自主憲法制定国民大会は」…「三島事件の影響もあり、一歩前進という空気が強かった」…「岸信介元総理から『現憲法の制定当時は物心両面で大混乱の最中だっただけに日本人の真の意思が反映されていない」…「利己的行動を無制限に許すという姿も出ており戦後これらの諸悪の根源は、正に現憲法にある』と挨拶があった」…。利己的行動をする岸ぴょん乙。

 

『佛所護念』昭和47年9月1日
 「国難来る」…「中共の狙いが、自由国家の分断、日本、米国の孤立化、そして日本への怒涛の赤化攻勢、ときたら思想音痴の日本民族は、ひとたまりもない」…。
 「ABCD包囲陣」…「パール判事」…「戦後27年もたつのに、恐るべし自虐の行きすぎを意図的にやる者がなお多い」…。この手のデムパは今も多い。

 

『佛所護念』昭和49年5月1日
 「『日本を守る会』が4月2日、東京の明治記念館で結成式を挙げた」…。安岡正篤氏が「国内に於いてはデモクラシーがデモ・クレージー」…。

 

『佛所護念』昭和50年12月1日
 「『日本を守る会』主催の昭和50年を祝う国民の集い」…「福田信之」などが祝意表明…。あっ…(察し)。

 

『佛所護念』昭和51年10月1日
 「北方領土復帰促進全国青年・婦人現地研修」…「国際勝共連合」…。

 

『佛所護念』昭和52年3月1日
 「日華問題協議会」は「佛所護念会教団ほか11団体」で「国際勝共連合」も…。

 

『佛所護念』昭和52年4月1日
 「戦後の日本人はモラルが低下、狂った世相が随所に見られる」…。狂ってる?それ、誉め言葉ね。

 

『佛所護念』昭和52年5月1日
 「田中正明氏」…「日本無罪論」…。はい有罪。

 

『佛所護念』昭和52年6月1日
 「近年マスコミ、特に新聞の偏向報道」…「勇気ある正論を主張し続けるサンケイ新聞」…「良識をとり戻すためにサンケイ新聞の読者拡大に協力しようではありませんか」…「意見広告という形で、佛所護念会の道徳、倫理問題の考え方を好意的に掲載」…。

 

『佛所護念』昭和54年7月1日
 「『たのしくまなぶ12のちかい』」…「ソ連や中国でも、教育勅語と近似した内容が、小学生守則として教えられています」…。共産圏と似てても良いんだ…。

 

『佛所護念』昭和57年7月1日
 「昨年、参議院予算委員会参考人として出席『偏向教科書の実態』を証言した高千穂商大・名越二荒之助教授が、6月8日の本部供養会で1時間にわたり講演」…。

 

『佛所護念』昭和59年3月1日
 「最近の『神社新報』に、高橋史郎という人が」…「中川八洋」…。そっ閉じ。

【トンデモ】陰謀論しぐさ(高橋偽史朗のようなもの)

f:id:aki_mmr:20171021182643j:plain

 「1973年の石油ショックのあとにきたインフレで、戦後の四半世紀、知性と責任感で知られていた中規模の出版社が苦しくなる。きわもの的な本を出す小出版社が市場に進出」…「自称『研究家』『評論家』の書いた煽情的な書物が、そのようなものを専門にだす出版社から刊行されるようになっていた」…「日本はいまどのような立場におかれているか、将来はどうなるのかという疑問について、安直な解説をする書籍が市場にあふれる。1990年、ノストラダムスの予言について書かれた本が飛ぶように売れ、そのことは新聞にも報道された。しかしそれよりもっと売れたのは、日本が苦境にあるのは、日本を滅ぼそうと企てている、強大なユダヤ人の陰謀のせいだ、と主張していた本である」(pp.352-353)。
 「1987年3月12日の『ニューヨーク・タイムズ』は、日本では悪質な反ユダヤ主義思想の書物が大ベストセラーになっていると報道していた」(p.24)。「1992年7月の参議院議員選挙の候補者名簿に、地球維新党という反ユダヤ主義の党がはじめて名をつらね」「それはごくごく小規模ながら、反ユダヤ主義が政治運動に発展したことを意味していた」…「候補者の一人、藤波典雄の選挙運動ビラには、『神国日本をユダヤ悪魔教に売り渡す売国奴を討て!』とあり、『地球維新党は、ユダヤ(パリサイ派)の世界征服、世界人間牧場の野望を弾劾し、八紘一宇、世界皇化、地球新秩序のために邁進する』ことを目的にしていると宣言している」(p.401)。こうした反ユダヤ主義の活動について「西尾幹二は楽観していた」…「西尾は、日本にやってくる外国人には入国を許可する前に血液検査、知能検査をして、前科の有無も調べるべきである、と提案するような人物でもあった」(p.402)…。
 「1995年1月、オウム真理教は機関紙『ヴァジラヤーナ・サッチャ』第6号で、『恐怖のマニュアル――完全世界征服! ユダヤの野望』という特集を組んでいた。巻頭言で編集部は世界征服をたくらむユダヤ人に宣戦布告をしている」(pp.411-412)。オウム真理教は「『シオン賢者の議定書』を随所に引いて、そのデマをくりかえしている」(p.412)。「オウム真理教はまったく独自の思想から、あるいはなにもなかったところから忽然と姿をあらわしたわけではない。その出現を準備する下地は日本にすでにあった」(p.417)と考える必要がある。
 『ヴァジラヤーナ・サッチャ』第6号では、GHQ3S政策300人委員会が登場し、高橋史朗(高橋偽史朗)に似ているが、「生長の家」も『ユダヤ問題論集』(昭和13年)で「シオン議定書」を掲載し、3S政策フリーメイソン陰謀論を唱えていたので、同じことを繰り返しているに過ぎない。『日本週報』の「3S謀略」特集号の読者投稿欄に小田村四郎(30歳)…そっ閉じ。

 

引用文献
デイヴィッド・グッドマン、宮沢正典、藤本和子訳(1999)『ユダヤ人陰謀説 日本の中の反ユダヤと親ユダヤ講談社

【トンデモ】高橋史朗「30万人のロリコンファン」(サティアンしぐさ)

f:id:aki_mmr:20171012215014j:plain

 いかがわしい鮮明なビデオ・高橋史朗氏は、宮崎勤事件について「26歳の男性が自室でいかがわしいビデオの世界に浸り切っている異常さを放任し、それを見逃していた家庭の精神的絆の崩壊があったのである」(高橋 p.21)と述べている。「宮崎の自宅には約6500本のビデオテープと漫画が四方に積まれ、窓際に大型テレビと4台のビデオデッキが並び、日光は完全に遮断され、万年床の周りにはロリコン雑誌、アニメ誌、アダルトビデオ誌が二重三重に散乱し、足の踏み場もない有り様であった」(同上 p.22)。「宮崎の事件は確かに異常な事件であるが、エログロ過剰のアニメビデオやホラー映画が宮崎の心の深奥に眠っていたものを誘発したことはほぼ間違いない。宮崎事件の周辺には、大学生を中心とした30万人のロリコンファンの若者がいるといわれている」(同上 pp.22-23)。“30万人のロリコンファン”とは、おそらく300人委員会のようなものだろう。「最近、問題行動を起こす子は判で押したように『やさしい』『目立たない』『内向的で』『友達が少ない』『どちらかというと女性的な』“情性が欠如”した宮崎タイプが多くなっている」「私が言いたいことは、宮崎事件を心のつながりを喪失した現代日本の若者全体の問題としてとらえる必要があるということである」(同上 p.23)…「戦後、GHQ民政局の口頭命令によって教育勅語が強制的に排除されたことによって、絶対的な価値規範が崩壊し、今日におけるモラルの低下は」(同上 p.25)…。あっ…(察し)。
 また、300人委員会高橋史朗氏は、オウム真理教について「幹部の人たちはだいぶ目が覚めてきているようだけれども、末端の信者はなかなか気が付かない。こういうマインド・コントロールの根深さというのは、教育界にもあるんじゃないでしょうか。あるいは教育界だけではなくて、日本の社会全体がいまだにある種のマインド・コントロールに拘束されているように思われます。戦後の日本人は快適さと便利さと豊かさをひたすら追い求める、いわば『経済至上主義教』のサティアンの住人で、その中にさらに『戦後教育』という特殊なサティアンがあって、教師も子供たちもその中に囚われている」(高橋・藤岡 p.39)…。なにこの空中浮揚しそうなへんないきものは…。“いまだに”って表現は、すでに自分は何かに目覚めちゃった人みたい。ポアされそうなので、そっ閉じ。

 

引用文献
高橋史朗(1990)「青少年のモラルの低下と教育の課題」『改革者』1990年7月号 政策研究フォーラム
高橋史朗藤岡信勝(1996)「『戦後敎育』と言う名のサティアン」『改革者』1996年4月号 政策研究フォーラム

【トンデモ】小田村四郎の洗脳しぐさ

f:id:aki_mmr:20171010210944j:plain

 小田村四郎氏は、中曽根首相の“戦争の指導者と戦死した将兵は違う”発言は「占領軍が『敵』をすり変えるために実施したウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラムの意図を忠実に反映したものであり」「東京裁判そのものの思考法である」(小田村 1986 p.21)とデムパを飛ばしていた。この頃は、「『罪』の意識を日本国民に植ゑつけた(ウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム)。この宣伝を」(小田村 1987 p.12)云々と述べており、「WGIP=宣伝」としていたが、「占領政策によつて解体、洗脳」(同上 p.20)という高橋史朗氏(太田龍氏)のような妄想もしちゃってた。
 なお、鈴木博雄氏は「国家、民族、国防、道徳、献身などという単語は、今では若い世代の間で死語に等しいものになってしまった」「ここまで日本の思想状況を追い込んだことは、占領軍の『日本人洗脳』の目的が一応達成したことを意味する。しかし、アメリカの日本占領政策は」「結果的には反米左翼勢力を育成したのであるから、その意味では明らかな失敗であったと評価することが出来る」(鈴木 p.55)と述べていた…。失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した…。

 

引用文献
小田村四郎(1986)「歴史を冒涜する中曽根発言」『祖国と青年』1986年9月号 日本協議会
小田村四郎(1987)「“A級犯戦”の死刑は『戦死』と異らない 国家を解体する東京裁判史観を克服せよ」『祖国と青年』1987年8月号 日本協議会
鈴木博雄(1977)「日本人“洗脳教育”と日教組」『軍事研究』1977年12月号 ジャパン・ミリタリー・レビュー

【トンデモ】中曽根しぐさ

f:id:aki_mmr:20171002215343j:plain

 「中曽根康弘氏は、『なれそで中曽根(首相になれそうでなれない)』といわれてきた」…「『憲法改正の歌』をつくったり、衆議院本会議で全文削除されるような演説を行うなど、特異な行動が、財界に眉をひそめさせる一因ともなっていた」(原・川辺 p.102)。1982年12月29日、「この日、誕生したばかりの中曽根首相を一通の文書をもって、訪ねた団体がある。『日本を守る会』という団体で、80年ごろ『たのしくまなぶ12のちかい』という、教育勅語を現代風になおした絵本を、全国の神社や町内会を通じて頒布したことがある団体である。事務局は神社本庁におかれ、修養団念法真教教団、生長の家など右翼的な宗教団体を核にしている」(同上 pp.102-103)。「82年12月29日に、彼らがもっていった文書は『中曽根内閣の発足を祝って 要望書』」…「政府におかれては、教育勅語に示されたようなわが国伝統の道義心、国家意識や国民の連帯感を高揚し、日本人としての自覚と国を守る気概を振起するよう」(同上 pp.103-104)云々…。あっ…(察し)。
 ジョン・コールマン・高橋史朗氏(300人委員会)…ではなく太田龍氏によると「ニセ(見せかけの)保守派政治家の代表が、『中曽根康弘』」…「中曽根は、戦後日本の右翼、民族派の主流、児玉誉士夫と切り離しては考えられない」…(アメリカは児玉を通じ)「反共右翼運動をコントロール下に置くことに成功した」(太田 p.137)とのこと。そして、高橋史朗氏のような太田龍氏は、「占領軍が、日本占領中、完璧な言論検閲を実施したこと」「については、江藤淳氏などの研究もある」(同上 p.198)…「ユダヤの対日マインド・コントロール」(同上 p.199)…「パール判事は、『日本無罪』」(同上 p.200)…「三百人委員会」(同上 p.242)…。そっ閉じ。

 

引用文献
原正彦・川辺正博(1984)『教育臨調』東研出版
太田龍(1994)『大前研一を斬る 「ユダヤの手先」「国賊」』泰流社