【トンデモ】阿部正寿『ペンタビレス 美しくて強い国に』(エマヌエル阿部有國)

f:id:aki_mmr:20180214231818j:plain

 「『文明の衝突』では、世界に八つの文明があるが、日本は、日本だけに通用する孤立した文明を持っている」(p.13)。「世界に八つの文明」とは、世界日報八木秀次の文が鮮明であり、『文鮮明の衝突』が起きているということである。「今日の日本を見ると、社会のあらゆる面で崩壊現象が起こっている」…「何かが狂っていることは間違いない。家庭の崩壊、社会の崩壊、教育の崩壊、倫理の崩壊――あらゆる面での崩壊現象が進んでいる」(p.21)。家庭を連合させて統一するんですね、わかります。「私の周りにも年齢40歳を過ぎても結婚しない、あるいはできない人が非常に多い」…「簡単に言えば、自己中心性が強く」(pp.22-23)…。どう見ても合同結婚式です。本当にありがとうございました。
 「今、日本は、次の千年紀に向かって全く新しい国家目標と国家戦略を定めるべき時にきている。今の時を逃すと千歳に悔いを残すことになるだろう。安倍晋三内閣はそのためにこそ生まれてきたのだとも言える」…「これは、天の配剤であると思う。安倍首相はその系譜、個人的資質、志の持ち方からいってもその器を備えていると信ずる」(pp.29-30)…。安倍首相がんばれ!安倍首相がんばれ!統一協会の名称変更よかったです!…壺三しぐさ。
 「日本を考え、日本の国家のことを考えることが、あたかも悪いことであり、後ろめたいことであるかのような空気が支配している」…「現在の日本は、この何とも言えない得体の知れないものに影響され支配されている。この得体の知れない化物を粉砕して、堂々と日本を愛し、立派な国にすることが善であるという思想をこそ確立しなければならない」…「戦後さまざまな国や組織の悪意によって歪められた日本」(pp.36-37)…。これが原理主義(ファンダメンタリズム)の実例です。原理主義は、「原点主義」「原典主義」「減点主義」という3つの特徴で捉えることができ、「減点主義」は、現状の否定的側面を強調し、それとの戦いを前面に掲げるようなやり方…。あっ…(察し)。

 

引用文献
阿部正寿(2007)『ペンタビレス 美しくて強い国に』ありがとう出版

【トンデモ】正寿しぐさ

f:id:aki_mmr:20180201004443j:plain

 鮮明な「自主憲法制定国民会議」の「参加団体は、仏所護念会生長の家政治連盟国際勝共連合日本郷友連盟、日本栄養士会など」(朝日新聞社会部 p.11)…。統一された「日本を守る国民会議」の発起人の名簿には「福田信之」…「松下正寿」(同上 p.126)…。あっ…(察し)。
 松下正寿氏は「私はいわゆる東京裁判において東条英機首相の弁護人を勤めた関係上」…「十分に調査し、当時の日本の指導者がいかに戦争回避のため努力したかを確認した」…「交渉による和平を拒絶し、屈伏か、さもなくば戦争せよ、との選択を迫ったのはアメリカであった。具体的にはフランクリン・ルーズヴェルト大統領であった」(松下 p.106)…。そっ閉じ。

 

引用文献
朝日新聞社会部(1982)『「政治」の風景』すずさわ書店
松下正寿(1984)『文鮮明 人と思想』善本社

【トンデモ】辻本公俊『2012 人類の終焉 太陽からの啓示』(高橋らの集団)

f:id:aki_mmr:20180123213400p:plain

 「アメリカは、GHQとして日本に乗り込み、合法的、合理的な方法を使って、日本を滅ぼそうとしたのである。これが第二次世界大戦後、GHQによって取られた『人間獣化計画』の図式である」(p.126)…。ゴールデンステート・イオンド・「アインシュタイン博士は」…「世界の文化は、アジアに始まって、アジアに帰る」…「我々は神に感謝する。我々に日本という尊い国を造っておいてくれたこと」(p.127)…。「GHQによる『人間獣化計画』」…「戦勝国によって行われた、国際法違反の『東京国際裁判』」…「アジア諸国の独立を、日本が援助したことには、一言も触れられず、ひたすら残虐な行為があったと喧伝された。極めつきが『南京虐殺』」(p.129)…。「日本人は獣にされるための思想と教育をGHQによって施されてきたのである」(p.133)…。「GHQによる『人間獣化計画』の下で教育を受けた日本人は、権利と義務のバランスを失い、経済優先主義、物質優先主義に走るようになっていた」(p.134)…。「『教育勅語』の内容は素晴らしく、多くの国が『こんな素晴らしい教えは無い』と絶賛」(p.138)…。あっ…(察し)。
 「GHQは日本の憲法民法、刑法などあらゆる法律を変え、責任や義務については一切触れずに、自由・人権・平等だけを蔓延させた。更に、和を尊ぶ心、地域社会全体で行っていた子育ての慣習、複数の世代で暮らすことにより育まれる家族愛や規律、秩序など、様々な日本のよき風習を叩き潰すために日本の『家族形態』を封建的だと決めつけて、破壊することにしたのである」(p.145)…。「日本人は、戦後、GHQによる様々な洗脳により、日本がアジアを侵略したと思い込まされている」(p.152)…。「江本勝による『水からの伝言』」(p.214)…。そっ閉じ。

 

引用文献
辻本公俊(2006)『2012 人類の終焉 太陽からの啓示』ブックマン社

【トンデモ】エマヌエル阿部有國『日本「精神」の力』(壺三しぐさ)

f:id:aki_mmr:20180104235600j:plain

 保守政権の「中心人物は安倍晋三氏でなければならないと決めてきた。これは単に相応しい人物というより、天の摂理から見て安倍晋三であるべきだと感じたからである」(p.3)。壺三しぐさ。「日本が衰退してゆく最大の原因が天=神をないがしろにしてきたこと」(p.12)…。「衰退する原因を多くの評論家達は、GHQによる日本解体政策、日教組の教育、少子高齢化等を挙げている。それらは間違いないことであるが、もっと根本原因は敬天愛人の思想を忘れ、物質的繁栄に溺れ、自己中心になり、愛国心も他人を思いやる心も失ってしまったことである」…「戦後60数年にわたって『悪の勢力』が日本を支配してきた」(p.13)…。「『悪の勢力』とは、唯物論的な左翼思想」…「その背後は、神に反抗する『悪魔(サタン)』の存在」…「唯物左翼思想を信奉し、その影響を受ける者たちは、聖書の物語に出てくる、神に愛されなかったカインの末裔」(p.270)…。カインと安倍る…。あっ…(察し)。
 「NHKの放送を見ていると暗いニュースばかりを放映し、障害者や老人弱者を多く取りあげて、国民には視聴料を払わせながら、国を繁栄させるような明るいニュースは取りあげない。こんな国営放送なら早く解体すべきである。これもNHKが『悪の勢力』、すなわち『サタンの勢力』に支配されているからである」(pp.16-17)…「社会福祉と反原発は、『悪魔の囁き』」…「今日の日本の繁栄は、さきの大戦で犠牲になった240万柱の英霊の土台の上に築かれたものである。それを忘れ、権利ばかりを主張し、要求ばかりを通そうとするバチ当たりは、地獄へ行くしかない連中である」(p.17)…。そっ閉じ。

 

引用文献
エマヌエル阿部有國(2013)『日本「精神」の力 安倍政権の強みがわかる』平成出版

【トンデモ】シオン議定書(シロウ議定書)

f:id:aki_mmr:20171203140914j:plain

 「古来『陰謀論』と位置づけられる言説は数多いが、『シオン長老の議定書』(あるいは「プロトコル」、以下『議定書』と略)はそのなかでもおそらく最も世界中に拡散し、また様々な陰謀論に影響を与え、その源泉となった『偽書』である」…「近年ではインターネットという新たなメディアを通し、いかようにも解釈される節操のない無国籍文書となっている」(p.189)。「『議定書』は日本においても欧米に伝播したのと同時期に、大正末期から昭和にかけて翻訳、紹介され、大量に出版された」(p.190)…「日本における反ユダヤ主義の伝播の契機となったのは、ロシア革命シベリア出兵であった」…「要するに日本では外来思想の脅威を説明するために、外来イデオロギーとしての反ユダヤ主義が導入されたのである」(p.198)。吉野作造は「ユダヤ人の陰謀という誤解が当時の日本人の間で信じられている状況を嘆き、『議定書』の作者が民主主義、自由主義、男女平等、普通選挙運動といった『新思想』を危険視し、さらには国際連盟平和運動など自由、進歩、平和の目的を持つあらゆる運動を『ユダヤ=フリーメーソン』の汚名とともに排斥する事が根本目的の『驚くべき頑迷な反動思想』であると指摘した」(p.205)…。あっ…(察し)。

 

引用文献
高尾千津子(2017)「ユダヤ陰謀説 日本における『シオン議定書』の伝播」小澤実編『近代日本の偽史言説』勉誠出版

【トンデモ】壺学メッコールマガジン第94号(偽史朗)

 

f:id:aki_mmr:20171125021007j:plain

 文が鮮明な親学推進協会メールマガジン第94号(2017年11月15日発行)で300人委員会・高橋偽史朗氏は、「能川元一氏は『徹底検証・日本の右傾化』(筑摩選書)において、『陰謀史観』『洗脳の効果』の視点からWGIP(ウォーギルト・インフォメーション・プログラム、日本人の潜在意識に戦争贖罪意識を植え込もうとする情報宣伝計画)論を批判」していることを紹介しぐさ。『徹底検証 日本の右傾化』の宣伝乙。ウォー・ギルト・メッコール・高橋偽史朗氏は反論のようなものを書いているが支離滅裂で「洗脳された日本兵の影響力の効果は今日にまで及び、WGIPは現在進行形で『今も生きている』のである。まさに『「洗脳」の効果が70年もの間日本社会を呪縛』し続けているのである」…。GHQの祟りじゃ~。日本会議は、生長の家信者の学生運動が源流であるが、鈴木エイト氏によると「統一教会の上層部には日本会議の会員も多く、『世界日報』の読者で構成され、保守系知識人を招いて定期講演会を行っている世日クラブにも、日本会議関係者が多数いる。両者は様々な関連組織を通じて交流している」(鈴木 p.347)という。旧統一協会に誘われた高橋偽史朗氏は「筆者はいずれの誘いも断り、明確に一線を画している」(高橋 p.163)と述べているが、一線を画し(隠し)ておらず、鮮明な雑誌『知識』に載ったり、壺ビデオ『性教育過激派のねらい』に出演して焚書しぐさ。
 「1999年は、間近に迫っている」…「われわれは、近いうちに、好むと好まざるとにかかわらず、ノストラダムスの予言の真相、日本沈没の有無、そして、文鮮明師が救世主であるか否か――を間違いなく体験できるだろう」(高坂 p.189)。そっ閉じ。

 

引用文献
鈴木エイト(2017)「統一教会=勝共連合 その右派運動の歴史と現在」 塚田穂高編『徹底検証 日本の右傾化』筑摩書房
高橋史朗(1994)『間違いだらけの急進的性教育 エイズ・性をどう教えるか』黎明書房
高坂満津留(1994)『ついに解明された1999年』光言社

【トンデモ】佛所護念しぐさ②(鮮明な偽史朗)

f:id:aki_mmr:20171101005141j:plain

 適当に抜粋しぐさ。

 

『佛所護念』昭和46年6月1日
 「第三回自主憲法制定国民大会は」…「三島事件の影響もあり、一歩前進という空気が強かった」…「岸信介元総理から『現憲法の制定当時は物心両面で大混乱の最中だっただけに日本人の真の意思が反映されていない」…「利己的行動を無制限に許すという姿も出ており戦後これらの諸悪の根源は、正に現憲法にある』と挨拶があった」…。利己的行動をする岸ぴょん乙。

 

『佛所護念』昭和47年9月1日
 「国難来る」…「中共の狙いが、自由国家の分断、日本、米国の孤立化、そして日本への怒涛の赤化攻勢、ときたら思想音痴の日本民族は、ひとたまりもない」…。
 「ABCD包囲陣」…「パール判事」…「戦後27年もたつのに、恐るべし自虐の行きすぎを意図的にやる者がなお多い」…。この手のデムパは今も多い。

 

『佛所護念』昭和49年5月1日
 「『日本を守る会』が4月2日、東京の明治記念館で結成式を挙げた」…。安岡正篤氏が「国内に於いてはデモクラシーがデモ・クレージー」…。

 

『佛所護念』昭和50年12月1日
 「『日本を守る会』主催の昭和50年を祝う国民の集い」…「福田信之」などが祝意表明…。あっ…(察し)。

 

『佛所護念』昭和51年10月1日
 「北方領土復帰促進全国青年・婦人現地研修」…「国際勝共連合」…。

 

『佛所護念』昭和52年3月1日
 「日華問題協議会」は「佛所護念会教団ほか11団体」で「国際勝共連合」も…。

 

『佛所護念』昭和52年4月1日
 「戦後の日本人はモラルが低下、狂った世相が随所に見られる」…。狂ってる?それ、誉め言葉ね。

 

『佛所護念』昭和52年5月1日
 「田中正明氏」…「日本無罪論」…。はい有罪。

 

『佛所護念』昭和52年6月1日
 「近年マスコミ、特に新聞の偏向報道」…「勇気ある正論を主張し続けるサンケイ新聞」…「良識をとり戻すためにサンケイ新聞の読者拡大に協力しようではありませんか」…「意見広告という形で、佛所護念会の道徳、倫理問題の考え方を好意的に掲載」…。

 

『佛所護念』昭和54年7月1日
 「『たのしくまなぶ12のちかい』」…「ソ連や中国でも、教育勅語と近似した内容が、小学生守則として教えられています」…。共産圏と似てても良いんだ…。

 

『佛所護念』昭和57年7月1日
 「昨年、参議院予算委員会参考人として出席『偏向教科書の実態』を証言した高千穂商大・名越二荒之助教授が、6月8日の本部供養会で1時間にわたり講演」…。

 

『佛所護念』昭和59年3月1日
 「最近の『神社新報』に、高橋史郎という人が」…「中川八洋」…。そっ閉じ。