【書評のようなもの】伊藤智永『「平成の天皇」論』

 統一された美しい安倍壺三記念共和國の安倍壺三大統領は、亀井静香ちゃんの「目の前でカーペットに片膝をつく仕草を真似て『こんな格好までしてねえ』とニヤッとしたという。天皇・皇后が即位以来、各地の被災地を慰問し、避難所や仮設施設の床に膝をついて被災者を慰める様子を茶化したというのである」(p.68)。あべぴょんは主体変容して久保木修己になり“こんな格好”をしてしまったのである。
 鮮明な渡部昇一によると「天皇の仕事は祈ること」(p.75)…。今後のご活躍をお祈り申し上げます。「天皇に逆らう首相。そのような政治家を果たして『保守』や『右翼』と呼べるのか。『保守』でも『右翼』でもないなら、安倍首相とその支持層は何者なのか」(p.79)。これが統一思想の実例です。安倍壺三大統領の統一思想は、文鮮明先生の思想であり、統一運動の理念で、神主義または頭翼思想とも呼ばれている。また髪の話してる…。
 エバ国家「日本会議は、愛国教育・あるべき家族像・歴史認識といった一見伝統的な理念問題を運動の柱に掲げる。一方、安倍内閣はグローバリゼーションを勝ち抜くための」「新自由主義経済路線を政権運営の軸に据えている」(p.107)。非常にしつこい中においてですね、あのー、非常に何回も何回も熱心に言ってこられる中にあってですね、エバ国家「日本会議には本格的な経済政策・国家経営ビジョンがほとんどないので、安倍政権が長期化すれば次第に『目障り』で『面倒な』支持層へ追いやられていく」(p.108)。
 ワタミで過労死した労働者と経営者(A級戦犯)を一緒に祀っている「靖国神社の小堀邦夫宮司(68)が『天皇陛下靖国を潰そうとしている』という発言を暴露されて辞任」(p.110)。「ある靖国関係者は小堀発言を『宮司の立場ではまずいが、酒場の放談なら自分も同意見だ』」(p.111)。世界平和教授アカデミーの松下正寿(東條英機を守る会)と同意見なのである。
 エバ国家「日本会議系保守は『天皇が男系男子継承でなくなったら、もはや皇室とは呼べない。日本が日本でなくなる』(首相ブレーンの八木秀次麗沢大学教授)と言う」(p.174)。あべぴょんが大統領になるのである。あべぴょんは「尊敬する政治家に祖父の岸を挙げる。岸は旧満州国(中国東北部)を『私の作品』と豪語」(p.206)。そっ閉じ。

 

引用文献
伊藤智永(2019)『「平成の天皇」論』講談社

【書評のようなもの】ケネス・ルオフ『天皇と日本人』

 「1995年、阪神淡路大震災のときの江藤淳による激しい攻撃」(p.36)は、『文藝春秋』のエッセイで「[天皇と皇后は]何もひざまずく必要はない」…「国民に愛されようとする必要も一切ない」(pp.36-37)というもの。これが江藤しぐさの実例です。つまり、跪くのは天皇ではなく久保木なのであって、まさにオウムの高橋史朗の主体変容なのだ。
 「右翼はさほど天皇のことも皇室のことも心配しているわけではありません。彼らが気にかけているのは自分たちのことなのです」…「右翼は天皇のことなど気にしていないのです。彼らにとって、天皇は自分たちの大義を主張するための道具にすぎないのです」(p.150)。なので八木秀次たちはY染色体とか言っちゃう。
 渡部昇一天皇を気にしていない。「渡部はさらに、現天皇はあちこち出向くことで国民に姿を見せようとなさっているが、そうまでなさる必要はないとも述べてい」(p.197)た。彼らは文鮮明ぺろぺろのペロリストなのである。
 世界日報にも出ちゃう「竹田恒泰は、女系が容認されるくらいなら、天皇制はなくなったほうがましだとまで発言してい」(p.208)る。Y染色体を守る会は、原理を研究して親米反共(勝共)のあべぴょん大統領を望み、統一された美しい安倍壺三記念共和國を創造しようとしている。

 

引用文献
ケネス・ルオフ、木村剛久訳(2019)『天皇と日本人 ハーバード大学講義でみる「平成」と改元朝日新聞出版

【書評のようなもの】伊藤昌亮『ネット右派の歴史社会学』

 ネット右翼という語は、1990年代後半からしばしば使われ、「たとえば99年4月に結成されたネット上の右翼団体『鐵扇会』に関連し、この用語が用いられていた」(p.17)。今ではアダルトマン将軍やネット高橋史朗などといった呼び方もあるが、このポスト・オウムのへんないきものたちは、非常に危険である。
 「ネット右派言説を構成しているいくつかのアジェンダのうちでも特に嫌韓、反リベラル市民、歴史修正主義という3つのアジェンダは、その出自を1990年代の出版メディアのなかに持っている」…「その後、90年代後半からのネットの普及に伴ってネットメディアのなかに広く浸透し」(p.37)ていった。高橋史朗らのデムパがネットで拡散されたのである。
 文が鮮明に統一され、「現在も日本会議の政策委員を務めている高橋は、かつて生学連の委員長を務め、その後『日本教育研究所』という組織の事務局長となった人物」(p.139)。オウム真理教の教祖に似ているが、別人であるらしい。
 「1997年3月ごろに立ち上げられ、サブカル保守クラスタの一大拠点となったサイト『日本ちゃちゃちゃ倶楽部(日本茶掲示板)』ではその活動目的として、『教科書の従軍慰安婦についての記述』の『訂正または削除を求める』こと、その過程で『普通の人たちの心の片隅でくすぶっている(略)素朴な隠れた本音を引き出』すことなどが掲げられていた」(pp.159-160)。普通のオウム信者の本音を引き出すんですね、わかります。「『日本ちゃちゃちゃ倶楽部』では2000年の夏ごろから一部の論者により、とりわけ在日コリアンをターゲットとする排外主義的な発言が繰り返されるようになる」(p.265)。
 「右翼団体というよりもむしろカルト宗教団体と呼ぶべきかもしれないが、パソコン通信の時代からあちこちの掲示板に出入りしてはさまざまな論争を巻き起こし、差別的な言動を繰り返して物議を醸すことも多かった『日本平和神軍』」(p.184)…。「『イオンド大学』などの怪しげな教育機関を運営していた」(p.283)。イオンド大学キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
 2004年、チャンネル桜(エバ国家日本文鮮明化チャンネル錯乱)が開局し、賛同者には「名越二荒之助」(p.414)がいて、設立発起人と番組審議会委員には「高橋史朗も名を連ねていた」(p.415)。そっ閉じ。

 

引用文献
伊藤昌亮 (2019)『ネット右派の歴史社会学 アンダーグラウンド平成史1990-2000年代』青弓社

【書評のようなもの】中村圭志『西洋人の「無神論」 日本人の「無宗教」』

 「アメリカでは福音派とかファンダメンタリストとか呼ばれるプロテスタント系の宗教保守勢力が人口の一定程度を常に占めている(20%前後)。彼らは、創世記の記述に合わない進化論は科学者の妄想である、地球温暖化はリベラルの陰謀であるといった疑似科学的な宣伝を得意としている。宗教保守はフェイクニュースオルタナティブな真実、陰謀史観にかけては先駆者なのである」(p.48)。「ファンダメンタリストは、さまざまな形で保守的な主張を行っている。学校教育は聖書の精神に基づいて行われるべきだ(日本で言えば教育勅語復活を狙うようなもの)」(p.59)云々…。あっ…(察し)。
 「ファンダメンタリストの名を有名にしたのは、1925年のスコープス裁判である。それは進化論教育の妥当性をめぐる裁判であった」…「ファンダメンタリストは全国の笑いものになった」(pp.59-60)。m9(^Д^)プギャーwwwwww
 「ファンダメンタリストによれば、進化論の容認はあらゆる道徳的退廃をもたらすパンドラの箱である。そうした道徳的退廃の中には、アルコール耽溺、ドラッグ、ポルノ、堕胎、ロック、テロ、自殺、共産主義ヒューマニズムなどが入っている(ヒューマニズム=人間主義神主義ではないから邪悪とされる)」(p.64)。「2001年の同時多発テロのとき、キリスト教ファンダメンタリストは、それがリベラルや同性愛者やフェミニストなどのせいだとした」(p.228)…。
 「日本や中国など東アジアでは、宗教的規範への固執よりも、『自国の伝統』とされるものに対する固執のほうが強い。その意味で、欧米の宗教保守やファンダメンタリズムに相当するものは、こちらの世界では宗教とも俗世の政治的動向ともつかない文化的ナショナリズムなのである。アメリカのファンダメンタリストモーセ十戒を学校で教えよと頑張っているように、日本のナショナリスト教育勅語の復活を目指したり、『江戸しぐさ』のようなフィクション伝統を道徳の教科書の中に潜り込ませる」(pp.232-233)。そっ閉じ。

 

引用文献
中村圭志 (2019)『西洋人の「無神論」 日本人の「無宗教」』ディスカヴァー・トゥエンティワン

【トンデモ】山本健造『大東亜戦争は正当防衛であった』(名越史観)

f:id:aki_mmr:20190623141009j:plain

 「占領軍は『ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム』(戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画)を徹底して行いました」(p.1)。「日本国民一億総懺悔をし、徹底して洗脳されてしまったのです」(p.3)。「現行憲法は、日本の内部崩壊をもくろんで、米国が作ったもの」(p.5)。「マインドコントロールされた国民は平和憲法と賛美しています」(p.91)。「アムステルダム市長サンティン氏」(p.56)。アインシュタインが「世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る」「それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない、吾々は神に感謝する」「日本という尊い国を作って置いてくれたことを…」(p.182)。
 「私も年金を戴いていますが、若い時働いたのだから当然ではないのです。国家がしっかり安定しているからなのです」(pp.111-112)。「私達は国家に心から感謝して、一国民として国を立派にしてゆく努力をせねばならないのです」(p.112)。「早く占領マインドコントロールから醒めねば国を危うくします」(p.113)。
 「日本を復興させたのは教育勅語で鍛えられた道徳性高い人々です」(p.130)。教育勅語を「このまま棄て去れば、日本人が日本人らしさを棄て去ることであり、恐ろしい無道徳犯罪国家へと堕落してピストル犯罪国家になることは間違いありません」(pp.130-131)。
 そっ閉じ。

 

引用文献
山本健造(1994)『大東亜戦争は正当防衛であった』飛騨福来心理学研究所

【書評のようなもの】樋口直人他『ネット右翼とは何か』

 適当に引用しぐさ。
 永吉希久子氏は、「①中国・韓国への否定的態度、②保守的政治志向、③政治・社会問題に関するネット上での意見発信や議論、という3つの条件をすべて満たす場合にネット右翼と見なす」(p.17)とした。そして、①と③を満たすが「②の保守的政治志向がみられない場合には、オンライン排外主義者と定義する」(同上)。2017年12月に実施された「市民の政治参加に関する世論調査」のデータを分析した結果、「ネット右翼の割合は1.5%であり」(p.18)、「オンライン排外主義者の割合は3.0%だった」(p.19)。「ネット右翼とオンライン排外主義者は反韓・反中の態度を共有するものの、現政権や政治との距離感が異なっている。ネット右翼は政府を支持し、保守を自任する傾向にある。一方、オンライン排外主義者は現在の政府と距離をとり、政治的立ち位置も明確ではない」(p.21)。ネトサポ(食口のようなもの)とは異なる野良ネトウヨはオンライン排外主義者に分類される。
 松谷満氏は、桜井誠支持層を分析し、「桜井支持層には、階層的な偏りや特徴はないということが明らかになった」…「階層的な偏りや特徴がないという点では、ヨーロッパ極右と異なる日本の特徴といえる」(p.65)と指摘している。桜井支持層の「価値観や政治的意見は日本の右派の主要な関心を網羅したような特徴をもつ」(p.67)。これは高橋史朗がネットに沸いたような事態であり、「背広を着た右翼」が進化(退化)し、「パソコンを使う右翼」(ネット右翼)として可視化されるようになったのである。
 樋口直人氏は、Facebookに沸いたネット右翼を分析している。学歴や年齢を公開している者について集計したところ、「大学卒業者が60%を占めていて、かなり高学歴だといっていい。年齢も30代から50代がほとんどを占め」(p.75)ていたという。「宗教を背景にもつネット右翼はそのほとんどが幸福の科学信者」(p.89)…。スゥ―…高橋史朗です。
 山口智美氏は1990年代、フェミニズムNPOの「掲示板を管理していたことがあったが、あまりにフェミニズムたたきの荒らしが殺到した結果、やむをえずその掲示板を閉鎖した」(pp.179-180)という。DQNなネット史朗が荒らしていたのである。「フェミニズムへのバックラッシュは、地域では日本会議系や統一教会系の宗教保守勢力が中心となって動きを作り、日本政策研究センターの『明日への選択』、新生佛教教団系『日本時事評論』(日本時事評論社)や、統一教会(現・世界平和統一家庭連合)系『世界日報』(世界日報社)などの右派媒体がフェミニズム批判記事を次々に出していき、『正論』(産経新聞社)、『諸君!』(文藝春秋)などの右派論壇誌や、『産経新聞』などのマスコミにもフェミニズム批判記事が掲載されていった。ネット上ではこうした既存保守メディアの情報が引用・参照されながら、ブログや『2ちゃんねる』『フェミナチを監視する掲示板』などの掲示板、2000年代中頃以降には『mixi』などのSNSフェミニズムバッシングがおこなわれていた」(p.180)…。「元民社党職員だった『ドクター差別』」(p.181)…「高橋史朗」(p.182)…。そっ閉じ。

 

引用文献
樋口直人・永吉希久子・松谷満・倉橋耕平・ファビアン シェーファー山口智美(2019)『ネット右翼とは何か』青弓社

【書評のようなもの】島薗進『大学4年間の宗教学が10時間でざっと学べる』

 「アメリカではキリスト教福音派共和党の強力な支持母体の一つとなり、政治に強い影響力を及ぼすようになり」…「近年、日本の右派勢力は伊勢神宮と皇室の結びつきを強調すると共に、中国や韓国・北朝鮮を敵視し『反日』と呼ぶ動きが強まってい」(p.190)る。これが宗教ナショナリズムの実例です。
 「1980年代以降、アメリカでは公立学校教育でダーウィンの進化論だけを教えるのに反対する運動が勢いを増し」…「キリスト根本主義(原理主義)の人たちは」「創造説を『インテリジェント・デザイン』説と言い換え、それを教えるべきだとした」(p.192)。日本では文が鮮明な原理の人たちがサムシング・グレートを教えようとしている。勘ぐれ…!サムグレ(サム晋三グレート)を崇めよ!あべぴょん頑張れ!
 キリスト教右派は、「政治的な論点としては、反同性愛、反中絶、反尊厳死、反共産主義、反イスラーム主義、反フェミニズムなどを掲げ、伝統的な家族観を重視し、小さな政府を志向し」(同上)、八木秀次(高橋史朗)のようなものである。この思想は“晋保守主義”ともいう。あべぴょん頑張れ!
 「日本では1980年代の統一教会霊感商法や、1990年代のオウム真理教が関与した諸事件などを契機に、反社会的な傾向があると見なした宗教団体をカルトと呼ぶ」(p.196)ようになった。そして、統一教会と関りがあり、オウムにも似ている“高橋らの集団”が大好きな「戦前の皇軍(天皇の軍隊)は聖戦を戦ったとも捉えられて」(p.216)おり、中村粲はデムパソング“大東亜聖戦の歌”を作っちゃった。

 

引用文献
島薗進(2019)『大学4年間の宗教学が10時間でざっと学べる』KADOKAWA