【トンデモ】山本健造『大東亜戦争は正当防衛であった』(名越史観)

f:id:aki_mmr:20190623141009j:plain

 「占領軍は『ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム』(戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画)を徹底して行いました」(p.1)。「日本国民一億総懺悔をし、徹底して洗脳されてしまったのです」(p.3)。「現行憲法は、日本の内部崩壊をもくろんで、米国が作ったもの」(p.5)。「マインドコントロールされた国民は平和憲法と賛美しています」(p.91)。「アムステルダム市長サンティン氏」(p.56)。アインシュタインが「世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る」「それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない、吾々は神に感謝する」「日本という尊い国を作って置いてくれたことを…」(p.182)。
 「私も年金を戴いていますが、若い時働いたのだから当然ではないのです。国家がしっかり安定しているからなのです」(pp.111-112)。「私達は国家に心から感謝して、一国民として国を立派にしてゆく努力をせねばならないのです」(p.112)。「早く占領マインドコントロールから醒めねば国を危うくします」(p.113)。
 「日本を復興させたのは教育勅語で鍛えられた道徳性高い人々です」(p.130)。教育勅語を「このまま棄て去れば、日本人が日本人らしさを棄て去ることであり、恐ろしい無道徳犯罪国家へと堕落してピストル犯罪国家になることは間違いありません」(pp.130-131)。
 そっ閉じ。

 

引用文献
山本健造(1994)『大東亜戦争は正当防衛であった』飛騨福来心理学研究所

【書評のようなもの】樋口直人他『ネット右翼とは何か』

 適当に引用しぐさ。
 永吉希久子氏は、「①中国・韓国への否定的態度、②保守的政治志向、③政治・社会問題に関するネット上での意見発信や議論、という3つの条件をすべて満たす場合にネット右翼と見なす」(p.17)とした。そして、①と③を満たすが「②の保守的政治志向がみられない場合には、オンライン排外主義者と定義する」(同上)。2017年12月に実施された「市民の政治参加に関する世論調査」のデータを分析した結果、「ネット右翼の割合は1.5%であり」(p.18)、「オンライン排外主義者の割合は3.0%だった」(p.19)。「ネット右翼とオンライン排外主義者は反韓・反中の態度を共有するものの、現政権や政治との距離感が異なっている。ネット右翼は政府を支持し、保守を自任する傾向にある。一方、オンライン排外主義者は現在の政府と距離をとり、政治的立ち位置も明確ではない」(p.21)。ネトサポ(食口のようなもの)とは異なる野良ネトウヨはオンライン排外主義者に分類される。
 松谷満氏は、桜井誠支持層を分析し、「桜井支持層には、階層的な偏りや特徴はないということが明らかになった」…「階層的な偏りや特徴がないという点では、ヨーロッパ極右と異なる日本の特徴といえる」(p.65)と指摘している。桜井支持層の「価値観や政治的意見は日本の右派の主要な関心を網羅したような特徴をもつ」(p.67)。これは高橋史朗がネットに沸いたような事態であり、「背広を着た右翼」が進化(退化)し、「パソコンを使う右翼」(ネット右翼)として可視化されるようになったのである。
 樋口直人氏は、Facebookに沸いたネット右翼を分析している。学歴や年齢を公開している者について集計したところ、「大学卒業者が60%を占めていて、かなり高学歴だといっていい。年齢も30代から50代がほとんどを占め」(p.75)ていたという。「宗教を背景にもつネット右翼はそのほとんどが幸福の科学信者」(p.89)…。スゥ―…高橋史朗です。
 山口智美氏は1990年代、フェミニズムNPOの「掲示板を管理していたことがあったが、あまりにフェミニズムたたきの荒らしが殺到した結果、やむをえずその掲示板を閉鎖した」(pp.179-180)という。DQNなネット史朗が荒らしていたのである。「フェミニズムへのバックラッシュは、地域では日本会議系や統一教会系の宗教保守勢力が中心となって動きを作り、日本政策研究センターの『明日への選択』、新生佛教教団系『日本時事評論』(日本時事評論社)や、統一教会(現・世界平和統一家庭連合)系『世界日報』(世界日報社)などの右派媒体がフェミニズム批判記事を次々に出していき、『正論』(産経新聞社)、『諸君!』(文藝春秋)などの右派論壇誌や、『産経新聞』などのマスコミにもフェミニズム批判記事が掲載されていった。ネット上ではこうした既存保守メディアの情報が引用・参照されながら、ブログや『2ちゃんねる』『フェミナチを監視する掲示板』などの掲示板、2000年代中頃以降には『mixi』などのSNSフェミニズムバッシングがおこなわれていた」(p.180)…。「元民社党職員だった『ドクター差別』」(p.181)…「高橋史朗」(p.182)…。そっ閉じ。

 

引用文献
樋口直人・永吉希久子・松谷満・倉橋耕平・ファビアン シェーファー山口智美(2019)『ネット右翼とは何か』青弓社

【書評のようなもの】島薗進『大学4年間の宗教学が10時間でざっと学べる』

 「アメリカではキリスト教福音派共和党の強力な支持母体の一つとなり、政治に強い影響力を及ぼすようになり」…「近年、日本の右派勢力は伊勢神宮と皇室の結びつきを強調すると共に、中国や韓国・北朝鮮を敵視し『反日』と呼ぶ動きが強まってい」(p.190)る。これが宗教ナショナリズムの実例です。
 「1980年代以降、アメリカでは公立学校教育でダーウィンの進化論だけを教えるのに反対する運動が勢いを増し」…「キリスト根本主義(原理主義)の人たちは」「創造説を『インテリジェント・デザイン』説と言い換え、それを教えるべきだとした」(p.192)。日本では文が鮮明な原理の人たちがサムシング・グレートを教えようとしている。勘ぐれ…!サムグレ(サム晋三グレート)を崇めよ!あべぴょん頑張れ!
 キリスト教右派は、「政治的な論点としては、反同性愛、反中絶、反尊厳死、反共産主義、反イスラーム主義、反フェミニズムなどを掲げ、伝統的な家族観を重視し、小さな政府を志向し」(同上)、八木秀次(高橋史朗)のようなものである。この思想は“晋保守主義”ともいう。あべぴょん頑張れ!
 「日本では1980年代の統一教会霊感商法や、1990年代のオウム真理教が関与した諸事件などを契機に、反社会的な傾向があると見なした宗教団体をカルトと呼ぶ」(p.196)ようになった。そして、統一教会と関りがあり、オウムにも似ている“高橋らの集団”が大好きな「戦前の皇軍(天皇の軍隊)は聖戦を戦ったとも捉えられて」(p.216)おり、中村粲はデムパソング“大東亜聖戦の歌”を作っちゃった。

 

引用文献
島薗進(2019)『大学4年間の宗教学が10時間でざっと学べる』KADOKAWA

【トンデモ】鮮明しぐさ(これは岸ぴょんGJだね)

f:id:aki_mmr:20190506185303j:plain

 “真の保守”の愛国宗教「世界基督教統一神霊協会(以下、統一教会)に関する記事は、昭和40年代に『原理運動』をめぐる問題として突如登場してくる」…「子供が入信して家に帰らなくなった親たちにより、父母の会が結成され、反原理運動が展開されたこともあって、以後の統一教会関係の記事は、一種批判キャンペーンの様相を帯びたものが大半となってくる。思想改造を目指す布教方法や、合同国際結婚式という特異な儀礼に対する注目は、やがてこの運動の政治的な背景に対する関心を加えていく。『文鮮明KCIA児玉誉士夫を結ぶこの黒く太いルート』(『週刊読売』昭和51年7月17日)、『キャンパスのKCIA原理研”』(『サンデー毎日』昭和53年7月9日)といった記事がそうである」…「昭和60年代にはいると、しだいに霊感商法との関りが取り沙汰され」「『朝日ジャーナル』を中心にやはりキャンペーンふうに出されている」(p.538)…。“真の保守”の朝日批判は文が鮮明。

 

引用文献
井上順孝対馬路人・西山茂・孝本貢・中牧弘允編(1990)『新宗教事典』弘文堂

【書評のようなもの】鳥越皓之・金子勇編『現場から創る社会学理論』

 文が鮮明な“真の保守”と関わる「カルトとは、信者や一般市民の人権を侵害し、社会規範を無視した活動によって社会問題化する団体を指す」(p.35)。「カルトは、社会通念や法律を無視した行為をなす一方で、自分たちの利害のためには訴訟を乱発する。勝ち負けはともかく、長期の消耗戦で批判者の金と時間を消費させ、気力を萎えさせるのがカルト側の目的」(p.36)…。
 「信教の自由、宗教的マイノリティを名のることで批判を封殺しようというカルト団体が少なくない」(p.42)が、これは“逝き過ぎた神主義”である。「元統一教会信者と弁護士たちが20年近くの時間をかけて判例として定着させた信教の自由とは、宗教を自律的に選択する自由であり、それは正体を隠した勧誘や本人の弱みを突いたり不安を煽ったりする威迫的手段から守られなければならない、というものである」(p.44)。一方、カルトを守るのが“真の保守”の原理なのである。

 

引用文献
櫻井義秀(2017)「カルト問題と宗教社会学」鳥越皓之・金子勇編『現場から創る社会学理論』ミネルヴァ書房

【トンデモ】渡部昇一「苦しいときほど日本人が輝くのはなぜか」(『歴史通』2011年9月号)

f:id:aki_mmr:20190302175515j:plain

 八木禿次の頭が輝くのはなぜか。「いったい日本人はなぜかくも立派なのかと外国人に説明を求められても、これはどうにも答えようがない。『日本人だから』としか言いようがないのである」(p.34)。“定説”です。そうだからです。いいですか。それは渡部昇一の勝手なんですよ。
 「日本人には昔から『われわれは一つの家族である』という民族観があるのではないか」(p.35)。世界平和統一家庭連合のことですね、わかります。「日本人という一体感を持った社会」(同上)…。すごい一体感を感じる。今までにない何か熱い一体感を。「だとすれば、何か起きたときに一家のため、一族のために犠牲になるというのは自然な発想である。村や会社を救うために一身を捧げる」(同上)…。これが“和民内定”の実例です。
 「先祖代々の地で一生を終わることの多い日本人には、同胞に『笑われたくない』という思いが強い」…「共同体という空間的な連帯感だけではない。日本人の行動原理はご先祖という時間軸にも支配されている」(p.36)…。“原理”…。あっ…(察し)。
 エバ国家「日本の場合は同胞が見ている、ご先祖様が見ているというもっと生々しい感覚によって行動を律する。だから末端の兵隊や庶民までが人として恥ずかしくない行動をとろうとするのである」(p.37)…。そっ閉じ。

 

引用文献
渡部昇一(2011)「苦しいときほど日本人が輝くのはなぜか」『歴史通』2011年9月号 ワック

【書評のようなもの】安田浩一・倉橋耕平『歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う』

 安田浩一氏は、「時代を問わず、右翼は十分に排他的で差別的です。70年代の右翼の言葉をそのままネットの5ちゃんねるに転載しても、十分に通用するということです」(p.20)と指摘。これはネット上に名越二荒之助(ネット名越)が沸いたようなものだ。
 倉橋耕平氏は、「保守系論壇誌を読む年齢層は高い。なおかつ、ある種の保守サロンのなかの内輪話で回っていた。それを外に持ちだしたのが、小林よしのりだと僕は考えています」(p.39)と述べている。キバヤシよしのりは、名越らのデムパを漫画にて拡散しちゃった。また、倉橋氏は、「WGIPによる洗脳がまだ解けていないという説は、右派によくもちいられている陰謀論です」(p.125)と指摘。エバ国家「日本会議高橋史朗が推奨する『親学』」(p.150)。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
 麻原…いや、高橋史朗氏によると「WGIPの原点はタヴィストック研究所にある…と伝えられよ」とのこと。

 

引用文献
安田浩一・倉橋耕平(2019)『歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う』論創社