読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【トンデモ】渡部昇一・梶田叡一・岡田幹彦・八木秀次『日本再生と道徳教育』

f:id:aki_mmr:20170317234120j:plain

 渡部昇一氏は「これからの道徳教育をどう再建するかといえば、その基本になるのは教育勅語の復活だと思います」(渡部・八木他 p.27)…「道徳教育をどのように再建するかというと、私は『教育勅語』の徳目にあるような、あるいは間接的にそれに沿ったような『いい話』を、子供たちに聞かせるところから始めるべきではないかと思います」(同上 p.33)とデムパを飛ばしている。徳目の一つが“トカゲのしっぽ切りしぐさ”。 ( ;∀;)イイハナシダナー。
 八木秀次氏は「専門は憲法学」(同上 p.143)…。えっ。「今、第二次安倍内閣教育再生を進めようとしています。この『教育再生』という言葉ですが、私の認識では、私がつくった言葉です」(同上 p.144)…。えっ。「念頭に置いたのは、1980年代の初めごろのアメリカです。そのころのアメリカは、レーガン政権の時代です」(同上 p.145)。くらいやがれ! 霊丸ーーーーッ!! 「レーガン大統領がみずから語った言葉として、有名なものが二つあり」「一つは『教室に聖書と祈りを復活させる』です」(同上 p.149)…。「道徳教育を行うにあたっては、よく『価値の押しつけはよくない』という反対意見が聞かれます。しかし、よい価値は押しつけなければなりません」(同上 p.157)…。“よい価値”とは、親学、江戸しぐさサムシング・グレート。「日本のすぐ近くにも、よその国に行って人の悪口を言い回るような国があります」(同上 p.160)と妄想する八木秀次氏は、籠池泰典氏と同じなのに「籠池氏は愛国と言えば何でも許されると考えているフシがあった。『なんちゃって保守』とひとくくりにされたくない」(毎日新聞 2017年3月15日 東京朝刊)とか言って“トカゲのしっぽ切りしぐさ”。( ;∀;)イイハナシダナー。
 統一協会は「戦後教育の基本は、日本国憲法教育基本法であったが、ともに個人主義の考え方に立ち、宗教的基盤のない、利己的個人主義を広げた」(世界平和教授アカデミー p.224)のであり、「教育荒廃の最大原因は、戦後の自由放任の雰囲気や家族関係の希薄化によって秩序感覚が崩れたことである」(山口 p.1)と高橋史朗氏のようなデムパを飛ばしている。「日本の国は核家族になってしまった。日本では、核家族を『新しい時代の、新しい生き方だ』と評価しているが、実は『壊れた家庭』なのである」…「核家族で育った子には檻で育ったサルとよく似た現象が現れる」(久徳 p.70)とのことだけど日本の核家族率は1920年には54%なので、当時もう壊れまくりで名越二荒之助氏(1923年生まれ)とか久徳重盛氏(1924年生まれ)とかが出てきちゃった。「少年A自身が自己流の変な神を立てていたが、それは彼にある普遍的な『宗教心』が適正な宗教教育によって適正に育まれなかったことを明らかにしている」(杉原 p.175)のであれば、変なサムシング・グレートを信じてる高橋史朗氏って…。
 以下、産経新聞…じゃない世界日報を置いておこう。壺しぐさ。

 

世界日報 1985年11月14日
 「最近いささか気になることは、日本人の勤労に対する意識の変化だ。働かないことを喜ぶ風潮、働くことを厭う風潮である」…「日本人の伝統的な家族主義は、働くことを喜びに創造してきた精神世界を持っている」…。和民しぐさ。

世界日報 1986年6月14日
 「日本人は悪いことをしてきた。戦争犯罪人を祖先に持っている。そういったことを教科書は教えているわけで、国に対する誇り、尊厳というものを否定する思想で彩られているのだ」…「今の教育基本法には、国家に対する忠誠心や、親に対する孝行だとかの概念が欠落している。そういったところから、教科書の内容についての問題もでてくる」…「『日本を守る国民会議』が編さんした『新編日本史』は、日本の文化に対して畏敬と愛惜の念がもてるように配慮された教科書である」…「われわれは失われた祖国への正しい精神を取り戻さなければならない」…。取り戻ししぐさ。

世界日報 1986年7月14日
 「『新編日本史』は、事実にもとづき、正確な自国の歴史と文化に対して青少年が愛情と誇りをもつことができるようにと配慮されて編さんされたものだった」…。代替的事実しぐさ。

世界日報 1986年9月14日
 「中曽根首相は『戦後政治の総決算』をスローガンにかかげて東京裁判史観や左翼勢力によってもたらされた精神の荒廃から日本人を立ち直らせることを念願としていた」…。中曽根しぐさ。

 

引用文献
渡部昇一八木秀次他(2014)『日本再生と道徳教育』モラロジー研究所
世界平和教授アカデミー(2000)「新しい道徳教育への提言」上寺久雄監・山口彦之編『「新しい道徳教育」への提言 「人格教育」をどう進めるか』世界平和教授アカデミー
山口彦之(2000)「まえがき」上寺久雄監・山口彦之編『「新しい道徳教育」への提言 「人格教育」をどう進めるか』世界平和教授アカデミー
久徳重盛(2000)「文明病としての人間崩壊」上寺久雄監・山口彦之編『「新しい道徳教育」への提言 「人格教育」をどう進めるか』世界平和教授アカデミー
杉原誠四郎(2000)「日本における政教分離の現状と宗教教育」上寺久雄監・山口彦之編『「新しい道徳教育」への提言 「人格教育」をどう進めるか』世界平和教授アカデミー

【書評のようなもの】塚田穂高編『徹底検証 日本の右傾化』

 『徹底検証 日本の右傾化』は、「右傾化」を多角的に検証している。以下、興味のあるところを引用しぐさ。
 塚田穂高氏は「自国・自民族の文化的独自性を表出する思想を『文化ナショナリズム』といい、日本人論・日本文化論として展開してきた」…「1980~90年代ごろから」「日本人論・日本文化論のなかで、日本の『霊性』や宗教的独自性を論じる『霊性知識人』が目立ってきた」…「これらは文化論の一つにすぎないが、その延長線上に今日の『日本スゴイ』論が接続している」(p.378)と述べている。
 早川タダノリ氏は「周辺国とりわけ中国・韓国への憎悪を交えて『日本スゴイ』を謳う本も存在する」(p.243)と指摘している。そうした「『日本スゴイ』本には、いわゆる『自虐史観』からの脱却というイデオロギーが共通して流れている」(p.245)のであり、「東京裁判GHQによる『洗脳』の告発とも連結している」(p.246)。
 能川元一氏は、WGIP論(江藤淳氏の陰謀史観)について「大きな問題は、WGIPの効果についての江藤の主張にある」(p.260)…「“現在”においてこそ効果を発揮しているとする江藤の主張には実証的な根拠がまったくと言ってよいほど欠けている」(p.261)と指摘。「小林よしのりの『戦争論』が『WGIP』論を紹介したことは、少なからぬ影響力を持ったと思われ」(p.261)、「在特会の主張する“在日特権”がWGIPに起因するものとされている」(p.262)がWGIP論は限定的にしか受容されなかった。しかし「近年になって、『WGIP』論をとりあげる論者、媒体の多様化が始まっている」(p.263)。特に高橋史朗氏の「『WGIP』論は陰謀史観として群を抜いて壮大であり、右派が重視する他の論点をも包含する体系性を持っている」(p.264)。…高橋史朗氏はトンデモ本『「日本を解体する」戦争プロパガンダの現在 WGIPの源流を探る』(2016年)で『タヴィストック洗脳研究所』や『新版300人委員会』を引用し“家族を核とする共同体精神を取り戻す”ために親学が必要だとしている(親学史観)。
 樋口直人氏の調査では、排外主義運動の「活動家たちに共通していたのは、もともと自民党に投票するなど政治的に保守的なことだった」(p.74)という。「『正論』や『WiLL』といった右派雑誌は、今や近隣諸国バッシングなしには成り立たない」(p.76)…「この右派論壇の主張を薄めたものがインターネットで出回るようになり、雑誌を読まない層にも広がっていった。排外主義の活動家たちは、こうした情報に接して感化され、在特会の主張を受け入れていくようになる」(pp.76-77)。
 高史明氏は「インターネットでは、在日コリアンに対するレイシズムが蔓延している。このレイシズムを考える上で」「『古いレイシズム』と『新しいレイシズム』の概念が有益である」(p.37)としている。「古いレイシズム」は“マイノリティは能力的・道徳的に劣っている”といった信念に基づき、「新しいレイシズム」は“差別は存在しないのにマイノリティは差別に抗議し特権を得ている”という信念に基づいている。「インターネット上で飛び交う『在日特権』という言葉」「を考えると『新しいレイシズム』の役割も見逃すことはできない」(p.38)。高史明氏がツイッターの投稿(2012年11月~13年2月)を定量的に分析した結果、「『新しいレイシズム』に関わるツイートには、ハッシュタグを用いて話題を共有しようとする投稿が多かっただけでなく、『拡散』を呼びかけるものも多く見られ」(p.44)、「『新しいレイシズム』に関しては、歴史問題における日本の加害性を否定することで、在日コリアンが日本に居住する権利に疑問を投げかけ、彼らが日本で社会保障を受けることを『不当な特権』と糾弾するものが多かった」(p.46)。
 斉藤正美氏は、家庭連合(旧統一協会)の結婚や家族をめぐる動きを検討している。家庭連合の「同性愛批判の根拠は、『結婚とは男女によるものであって、それはその間でしか子供が生まれないからだ』(八木秀次麗澤大教授、『世界日報』2015年10月24日付)という点にあるのだろう」(pp.209-210)と考えられる。
 鈴木エイト氏によると「2015年8月、文化庁はそれまで拒んできた統一教会からの名称変更申請を受け取り、『世界平和統一家庭連合』への教団名変更を認証した。その際永田町では、ある噂が掛け巡った。文科相(当時)の下村博文が強引に認めさせたというのだ」…「安倍晋三の他の側近も、親密な関係が発覚している。2009年以降、稲田朋美は世界平和連合の他、同じく統一教会系団体の世界平和女性連合の大会でも講演した」(p.346)…「世界戦略総合研究所の定例会では高橋史朗伊藤哲夫といった日本会議のコアメンバーらも講演をしている」(p.347)…。日本会議は、生長の家信者の学生運動が源流であるが、「統一教会の上層部には日本会議の会員も多く、『世界日報』の読者で構成され、保守系知識人を招いて定期講演会を行っている世日クラブにも、日本会議関係者が多数いる。両者は様々な関連組織を通じて交流している」(p.347)。ちなみに統一協会によると親学批判者は「文化共産主義者」で、幸福の科学(の関係者)によると「左翼が親学をトンデモ扱いしてる」とのこと…。
 藤倉善郎氏は「幸福の科学ナショナリズムが目指すものは大川総裁を地球至高神『エル・カンターレ』とする宗教国家日本の繁栄だ」…「こんな幸福の科学に対し」「保守運動が、一部であるとは言え、手を組んでいる。幸福の科学は、世の右傾化の一端を担っているように見えて、実は保守運動の思想的な空洞化をよく示す存在でもあるのかもしれない」(p.360)と述べている。あっ…(察し)。

 

引用文献
塚田穂高編(2017)『徹底検証 日本の右傾化』筑摩書房

【トンデモ】「保守論客も距離 パンフレットに写真『無断掲載だ』 疑惑浮上、手のひら返しも」

f:id:aki_mmr:20170318023111j:plain

 毎日新聞(2017年3月15日 東京朝刊)によると「『森友学園』の籠池泰典理事長が開校を目指していた小学校『瑞穂の国記念小学院』に、広告塔として利用された保守系文化人が多数いる」…「小学校のパンフレットに『森友学園にお越しいただいた方々』として、各界著名人の写真が20人分掲載されている」…「開校を喜ぶ応援団のような印象だ。毎日新聞はパンフレットに顔写真が載ったり、系列の幼稚園での講演を引き受けたりした人たちに書面や電話で取材を試みた」とのこと…。「首相ブレーンの一人とされる麗沢大学教授の八木秀次氏と、京都大学名誉教授の中西輝政氏は、顔写真が載ったことに『無断使用だ。学校を推薦したことはない』と怒る」…。私はやってない~♪潔白だ~♪ 「14年に講演した八木氏は『籠池氏は愛国と言えば何でも許されると考えているフシがあった。「なんちゃって保守」とひとくくりにされたくない』と話した。12年に講演した中西氏は上げ潮の保守思想に商機を見いだす人たちが増えていると分析。『学園に思想性は感じられなかった。園児の教育勅語唱和は誰かに見せるためのショーのようだと思った』と振り返る」… 「政治評論家の竹田恒泰氏から回答は得られなかった。自身のツイッターでは『教育勅語の徳目を教えている点など共感できるところがあり、幼稚園で2回講演した』『それにしても運動会の宣誓はやりすぎ』とする」…「一方、森友学園を『日本を立て直そうとがんばっている』とツイッターで擁護する人物がいる。元航空幕僚長田母神俊雄氏=公職選挙法違反の罪で公判中=だ。学園で過去に講演したこともある。『現在の騒動は反日的日本人たちの日本潰しの行動なのです』ともつぶやく。だが、パンフレットに同氏の顔写真はなかった」…。もうやだこの人たち…。

【トンデモ】「始まる地方から国を動かす動き 家庭教育を支援せよ」『世界思想』2014年4月号(親学)

f:id:aki_mmr:20170312144119j:plain

 勝共連合統一協会(家庭連合)も「親学」(壺学)を推進している。「第一次安倍政権の『教育再生会議』において『親学』が取り上げられた時があった」…「まず、『親学』に対する批判がある」…「『親学』では、乳幼児期における母親の役割などの重要性が強調される。家庭や親の役割を重視する考え方はことごとく保守・反動思想とみる『文化共産主義者』がだまってみているわけがないのだ」(p.19)~!!な、なんだってー!? ちなみにこの雑誌のp.21に八木秀次氏と森信三氏と文鮮明氏の写真が載ってる…。そっ閉じ。


引用文献
「始まる地方から国を動かす動き 家庭教育を支援せよ」『世界思想』2014年4月号 世界思想出版

【トンデモ】「国家観教育を実践する塚本幼稚園の籠池園長に聞く 時代が変わっても変わらない子育てとは」

f:id:aki_mmr:20170310221541j:plain

 高橋史朗氏…じゃない籠池泰典氏は、夏休みなどの長期休暇には子どもに「お父さんやお母さんが小さいころ過ごした場所に連れていってあげてください」(p.16)、「子供にその家の一族としてのアイデンティティを伝えることが、国家観を養い、ご先祖様やおじいちゃんおばあちゃん、ご両親を尊敬し、大切に思うことにつながります」(p.17)と述べている。彼の中学時代の担任によれば、当時は愛国主義的なところはなく、“点です。小さな小さな点でしかない”人物であったという…。籠池泰典氏(点)は「今の日本人は、“今が楽しければいい”と刹那的な生き方をする方が多いと感じています。でも、現在ただ今は、悠久の歴史の流れの中では“点”に過ぎません」…「自国の歴史を知らないと、過去に思いを馳せられず、未来のために今、どのように判断したらいいか、という想像もできません」…「まずは親御さんが正しい歴史を知ることです。南京問題や“従軍”慰安婦も、日本の兵隊さんたちがどれだけ秩序正しく、軍紀を重んじていたかを知っていれば、捏造だとすぐわかる。日本人は清廉潔白な民族ですから」(p.18)などとデムパを飛ばしている。おぞましい。

 

引用文献
「インタビュー 国家観教育を実践する塚本幼稚園の籠池園長に聞く 時代が変わっても変わらない子育てとは 塚本幼稚園 幼児教育学園 総裁・園長 籠池泰典さん」『Are You Happy?』2015年9月号 幸福の科学出版

【トンデモ】マッカーサーのマインドコントロール

f:id:aki_mmr:20170309213909j:plain

 清水馨八郎氏は、次のような強烈なデムパを飛ばしていた。「戦後日本は単に負けたからこんな非常識な国になったのではなく、マ元帥の巧妙な占領政策によって完全にマインドコントロールされてしまったからである」(清水  1996 p.47)…。「このマッカーサーのマインドコントロールの見事さは、オウムの麻原彰晃の比ではない。戦後50年も経っているのに大の日本人が未だに彼のダマシの東京裁判史観を信奉し、護憲だ謝罪だと洗脳されたままで平気でいられるからである。この点、オウム真理教に洗脳された信者を現代人は笑うことができるであろうか」(同上 p.48)。ワラタ。「マッカーサーがワシントン政府から受けた第一号命令は、日本を再び米国および連合国の脅威にならないよう、徹底的に無力化、弱体化することであった。そのために日本人の精神の底にあるあの強烈な愛国心を抹殺することと、戦争の贖罪意識を日本人の心に植えつける、戦争犯罪宣伝計画(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)」(同上 p.49)…「マッカーサーのいうところの史観はすべてアベコベであることが実証されている。無謀な大東亜侵略戦争を仕掛けたのは日本でなく米国側」(同上 p.62)…。アベコベしぐさ。
 「占領政策で日本の古来からの伝統、文化、美俗を否定され、忠君愛国、敬神崇祖、義勇奉公などの徳目はすべて死語にさせられてしまった。日本人の善悪の価値は逆転させられたのだ。家族制度は破壊され、愛国心は悪だと教え込まれた」(清水 1997 p.42)…「そのマインド・コントロールの巧妙さは、オウムの麻原教祖の比ではない。日本は戦争に負けて、更に思想戦でも完全に敗北したのである」(同上 p.43)…「戦後日本国民が戦前の原罪を刷り込まれて、その償いに生きようとする姿は、キリスト教徒の原罪と償いの人生に類似している」「戦後、“マッカーサー真理教”によって日本民族に刷り込まれた原罪信仰は強烈なものであった」「マッカーサーによる騙しの占領政策を外力による外敵とするなら、次にあげる“四人組”の騙しの洗脳が内力・内敵となって、戦後の日本を駄目にしたといえるだろう。その“四人組”とは、社共政党、進歩的文化人日教組、左翼偏向マスコミである」(同上 p.44)…。「左翼反日勢力の“四人組”(進歩的文化人、左翼マスコミ、日教組、社共政党)がマッカーサーにすりよって、この時とばかり日本叩きに狂奔した。彼らこそいわば裏切者であり、売国奴である」(清水 1998 p.73)…「一刻も早くこの戦後欺瞞体制から目覚め、原点回帰し、真に日本の大地に立てば必ず日本は甦れる」(同上 p.81)…。甦りしぐさ。
 「戦後、日本人がコロッと変わって、態度が豹変してしまう背景にはやはり進駐軍GHQによる日本民族精神の破壊工作が大きい」(清水 2006 p.31)…「精神性の崩壊は実は計画されていたのです。それが6S政策なのです」(同上 p.32)…「TVもそうですが、お茶の間の主役をいつのまにか独占し、家族の会話を奪い去り、お父さんやお母さんの話は“ウザイ”などと言わせて、子供達をTVに釘づけにさせた。(パソコン、TVゲームも、ゲーム脳をつくり、子供達の精神を狂わせている)」(同上 p.33)…。ゲーム脳キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 「戦後になって憲法民法が改正され、欧米式の個人主義が広まりました。その結果、核家族が普通になり」…「ここに戦後の家庭崩壊と老人問題の根元があり」(清水 2009 p.20)…。もちろん日本の核家族率は1920年(大正9年)に54%で戦前から核家族が主流。
 清水馨八郎氏とか名越二荒之助氏とか高橋史朗氏とかの怪しいデムパをマンガにしちゃったキバヤシよしのり氏は「わしは『戦争論』を出して以降、歴史教科書の運動などもあって、かなり大きな保守の流れを作れたと思っていました。それが頂点を迎えたのが、安倍政権の誕生だったと思っています」(小林 p.273)などと供述している。ノストラダムス安倍晋三氏には「リアリティと理念と理論、そして国家・国民を守る確固たる信念、さらに犠牲を引き受ける者たちへの細かい配慮、全てが経験の土台があって構築されている指導者の感性」(同上 p.312)があるらしく「やはり安倍晋三、過去の総理にしてしまうのは、あまりにも惜しい。もう一度この人を総理にしたら、今度こそ戦後レジームの脱却のために、わしは全力で応援するのだが」(同上 p.313)…。『戦争論』が出た頃(インターネッツ黎明期)にネット上に沸いてきた高橋史朗氏のようなものがネット右翼であり、新聞・雑誌や講演会などにいる高橋史朗氏が右翼(宗教右翼)である。高橋史朗氏は「洗脳」に対抗する教育方法「親学」(疑似科学)を提唱したが、これを実践すると籠池泰典氏のようになる。おぞましい。

 

引用文献
清水馨八郎(1996)「マッカーサー反日的日本人の罪」『正論』1996年7月号 サンケイ新聞
清水馨八郎(1997)「謝罪を"国是"とするなかれ 偽りの戦後体制からの脱却目指して」『日本及日本人』1997年8月号 日本及日本人社
清水馨八郎(1998)「日本再建は和魂の自覚から 欺瞞に満ちた戦後体制からの覚醒が急務」『日本及日本人』 1998年7月号 J&Jコーポレーション
清水馨八郎(2006)「特別インタビュー 千葉大学名誉教授 清水馨八郎氏に聞く(下)不抜け、骨抜き人間の背中に筋金入りの柱を! 日本国は火の玉となって、国民を守り抜け! 国家は国民のために、壁になってこそ、真の国家だ!」『労働レーダー』2006年6月号 労働問題研究会議
清水馨八郎(2009)「インタビュー 『和』がもたらした日本人の長寿」『世界思想』2009年9月号 世界思想出版
小林よしのり(2010)『希望の国・日本』飛鳥新社

【トンデモ】籠池泰典「教育の根幹を取り戻す」

f:id:aki_mmr:20170306204603j:plain

 産経新聞…じゃない世界日報(2016年8月29日)によると「大阪市淀川区にある『学校法人塚本幼稚園幼児教育学園』(籠池泰典園長)は戦後置き去りにされてきた教育の根幹を取り戻そうという教育を行っている。安倍晋三首相夫人の昭恵さんも同園を訪れ、朝礼において、教育勅語の朗唱、国歌“君が代”を斉唱する子供たちの姿に感動したという」「同学園の教育方針は『先人から伝承された日本人としての礼節を尊び、それに裏打ちされた愛国心と誇りを育て、すべての子供が持っているたくましい生命力と包容力を指導者が明るい表情と態度と言葉で引き伸ばしていく教育を誠実に心を込めて実践しています。子供と父母共に人間力が高まります』という」…。
 一方、産経新聞(2015年1月8日)も「『教育勅語』や『五箇条の御誓文』の朗唱、伊勢神宮への参拝・宿泊…。大阪市淀川区に超ユニークな教育を園児に施している幼稚園がある。塚本幼稚園幼児教育学園。安倍晋三首相夫人が同園を訪れたとき、園児らのかわいらしくもりりしい姿を見て、感涙にむせんだという。さて、その塚本幼稚園の籠池泰典園長が、小学校運営に乗り出している」…。その小学校のパンフレットには親学(江戸しぐさ)の高橋史朗氏とかY染色体(カタツムリ)の八木秀次氏とかが載ってる。あっ…(察し)。