読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【トンデモ】籠池泰典「教育の根幹を取り戻す」

f:id:aki_mmr:20170306204603j:plain

 産経新聞…じゃない世界日報(2016年8月29日)によると「大阪市淀川区にある『学校法人塚本幼稚園幼児教育学園』(籠池泰典園長)は戦後置き去りにされてきた教育の根幹を取り戻そうという教育を行っている。安倍晋三首相夫人の昭恵さんも同園を訪れ、朝礼において、教育勅語の朗唱、国歌“君が代”を斉唱する子供たちの姿に感動したという」「同学園の教育方針は『先人から伝承された日本人としての礼節を尊び、それに裏打ちされた愛国心と誇りを育て、すべての子供が持っているたくましい生命力と包容力を指導者が明るい表情と態度と言葉で引き伸ばしていく教育を誠実に心を込めて実践しています。子供と父母共に人間力が高まります』という」…。
 一方、産経新聞(2015年1月8日)も「『教育勅語』や『五箇条の御誓文』の朗唱、伊勢神宮への参拝・宿泊…。大阪市淀川区に超ユニークな教育を園児に施している幼稚園がある。塚本幼稚園幼児教育学園。安倍晋三首相夫人が同園を訪れたとき、園児らのかわいらしくもりりしい姿を見て、感涙にむせんだという。さて、その塚本幼稚園の籠池泰典園長が、小学校運営に乗り出している」…。その小学校のパンフレットには親学(江戸しぐさ)の高橋史朗氏とかY染色体(カタツムリ)の八木秀次氏とかが載ってる。あっ…(察し)。

【トンデモ】稲田朋美「教育勅語の精神は取り戻すべき」

f:id:aki_mmr:20170304233734p:plain

 稲田朋美氏は、次のようなデムパを飛ばしていた。「偽善の正体は、先の大戦後、『日本を二度と立ち上がれない国にしよう』と考えたアメリカやGHQ(連合国軍総司令部)から、理想主義を装って押し付けられた国家弱体化策です。そこでは」「コミンテルン」「や中国共産党フランクフルト学派と呼ばれる共産主義者の影響もあった」(金・稲田 p.81)…。えっ。「教育勅語素読をしている幼稚園が大阪にある」(稲田他 p.228)…「教育勅語は、天皇陛下が象徴するところの日本という国、民族全体のために命をかけるということだから、私は最後の」「一行も含めて教育勅語の精神は取り戻すべきなのではないかなと思ってるんです」(同上 p.229)…。渡部昇一氏との対談では「いまはもう、民主党に対する怒りと自民党内の閉塞感に包まれて叫びだしそうになっています。憤死しそうです」(渡部・稲田 p.216)…。憤死!出た!憤死出た!得意技!憤死出た!憤死!これ!憤死出たよ~~!
 渡部昇一氏といえば…「勝共連合のマスコミ《左翼偏向》攻撃は、『朝日新聞は日本のプラウダ(ソ連共産党機関紙)だ』と決め付けるものである」…「『毎日新聞も第二のプラウダだ』といったものもある。それも、彼らの機関紙誌類に限らず勝共連合とその関係者が、タカ派雑誌の『正論』『諸君!』『Voice』などの誌上にしばしば登場し、同じパターンの決め付けを繰り返している」(青木 p.78)…プラウダしぐさ。統一協会も「日本の伝統的な人間形成は、『公』を優先し『私』を斥け」「『無私』がすべてを越える徳目と見なされてきた」「ところが明治以降、日本は西欧の個人主義に触れ」「日本の精神風土や文化に大きな混乱が生じている」(世界平和教授アカデミー p.170)…。混乱しぐさ。そして「ヒューマニズムを基軸とする『教育基本法』を再検討し、バランスのとれた教育理念と教育姿勢を確立することを広く教育界に要望する」(同上 p.189)などと高橋史朗氏のようなことを言っていた。ちなみに清水馨八郎氏も高橋史朗氏と同じで「戦後日本人が常識として認識させられている大東亜戦争の史実は、すべてアベコベに理解するように、マッカーサーによってマインドコントロールされているのだ」「『ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(戦争贖罪宣伝計画)』に従って、歴史を米国に都合よく改竄し、捏造し、敗戦国民に押しつけてきた」(清水 p.18)などと述べていた。WGIPしぐさ。
 近年、「保守」は文を鮮明にするのみならず幸福を科学するようになっている。「論破プロジェクトと幸福の科学の関係は、簡単に知ることができる。ただ産経新聞が1月31日付の一面トップで報じた同プロジェクトの記事には、幸福の科学および幸福実現党の名前はまったく出てこない」(小川 pp.8-9)…。「そもそも産経新聞幸福の科学の異常接近は、近年マスコミ業界で心配」(同上 p.11)されちゃう。「『夕刊フジ』」「『フジサンケイビジネスアイ』では、それぞれ『いざ、幸福維新』『太陽の昇る国へ』というタイトルで、幸福実現党の党首が、肩書きをはっきりと出した上で定期連載を持っている」(同上 pp.11-12)…。幸福しぐさ。

 

引用文献
金美齢稲田朋美(2010)「我ら、『人権』『歴史認識』に阿らず」『正論』 2010年10月号 産経新聞
稲田朋美他「自民党新人大討論(2)『闘う政治家』こそ待望のリーダーだ!」『Will』2006年10月号 ワック・マガジンズ
渡部昇一稲田朋美(2010)「昇一先生の美女対談 民主政権は国民も国政もなめている」『Will』2010年4月号 ワック
青木慧(1985)『パソコン追跡勝共連合汐文社
世界平和教授アカデミー編(1979)『国際化時代と日本 80年代への対応』世界平和教授アカデミー出版局
清水馨八郎(2000)『愛国 目覚めよ日本愛せよ日本』ゴマブックス
小川寛大(2014)「幸福の科学の掌上で転がり始めた"保守派の雄"産経新聞の悲喜劇」『宗教問題』8号 白馬社

【トンデモ】森虎雄『反日日本人は修学旅行でつくられる』(幸福の高橋史朗)

f:id:aki_mmr:20170302204739j:plain

 高橋史朗氏は、妄想を現実に変える力を持つ“ギガロマニアックス”である。「日本教育研究所は、生長の家系の教員・学生の組織で高橋史朗は事務局長(のち副所長)」(林 1984 p.191)であった。「高橋は、臨教審専門委員も勤め教育基本法に大ナタをふるった男である」(林 1990 p.61)。「勝共連合のキャンペーンの尻馬にのって」(同上)「高橋は『月曜評論』の後、産経新聞社の月刊誌『正論』(89年2月号)に登場、『Xデーにかける日教組の“陰謀”―マスコミが報じない実態を暴く』とのセンセーショナルな題をつけた論文を書いている」…「勝共連合生長の家の『日教組批判』の大合唱にほかならなかった」(同上 p.62)。また、「日本を守る国民会議は」「機関紙『日本の息吹』第5号(85年1月1日付)で、<御在位60年奉祝>の特集を組んでいる」「この特集では、天皇よりも文鮮明を《天》にいただいているはずの勝共連合の役員が、《天皇陛下ありがとうございます》と口をそろえている」(青木 p.34)…。「『日本を守る国民会議』は、いくつかの点で従来の“改憲”団体とは違った性格と陣型を持っており、けっして『またか』といって見逃すことができない」(佐藤 p.150)。「同会の母体となったのは」「生長の家神社本庁など超右派宗教団体が中心となって組織された元号法制化実現国民会議」(同上 p.151)。「“草の根”の運動を起こす方針で」「現実路線に立って改憲運動を進めようとしている」(同上)。「彼らは、『国防』と『教育』を前面に押し出し、世論づくりを進めつつ、その中から、『どうしても改憲しかない』方向へ国民の意識を誘導する運動方針を立てている」(同上 pp.151-152)。「こうした“本物”の改憲派=現実派の登場の上でもう一つ注目されるのは、この運動が保守陣営のみならず中道陣営、とりわけ公明党の右傾化に期待をかけ、その取り込みをねらっていることである」(同上 p.153)。「彼らは、あの手この手のデマ宣伝を流し、権謀術数をろうし、青年たちの心に忍び込もうとしている」(同上 p.155)…。特に高橋史朗氏のデマしぐさは危険である。
 高橋史朗氏は、エル・カンターレを《天》にいただいているはずのへんないきものたちとも組んでしまう。高橋史朗ゼミ(修士課程)出身の森虎雄氏のトンデモ本には、「心のコップが下を向いている子供が多い」「そのような『今の自分』を責める自己否定の深層心理は、自分を生んだ父祖や自国の歴史を否定する心理と直結している」「戦後の平和教育は日本の加害と侵略の側面のみをことさら強調し」(森 p.1)…「わが国の戦後の平和教育の淵源となったのは、占領軍の民間情報教育局のウォー・ギルト・インフォメーションプログラム」(同上 p.2)云々という高橋史朗氏のデムパ(推薦の言葉)が載っている。そして、森虎雄氏は次のようなデムパを飛ばしている。「保守論客の皆さんの活躍などで風向きは変わってきたように感じることもありますが、日本人の国家観を損なう教育が日々全国で着々と行われている」(同上 p.5)…。「私は、自虐史観から目覚めました」「そのきっかけのまず一つ目は、1997年3月7日に幸福の科学の『繁栄への道』という講演で聞いた、大川隆法先生の一言でした」(同上 p.22)…。さらに「高橋先生からは、『ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(War Guilt Information Program)』の存在を教えていただき、どういう理由で戦後の日本の歴史教育が歪められてきたのかを知ることができました」(同上 pp.23-24)…。「高橋先生の教育委員就任は県知事の肝いりでしたが」「左翼勢力から激しくバッシングされました」「そのバッシングの模様はインターネット上にあったのですが、今はほとんど痕跡がありません」(同上 p.156)…。試しにインターネッツで適当に検索すると…高橋史朗氏が出てる“ビデオは「性教育過激派のねらい」”“性教育の中学校用と高校用の副読本が画面に現れまして、なんとそれに火が付けられ、燃やされるシーンで終わる”…焚書しぐさ。“このビデオは高橋氏自身が表明しているところでは、勝共連合系の団体から依頼されて出演”…。ここは酷いインターネッツですね。「実は、高橋先生教育委員就任の直前に、私は当時の勤務校で高橋先生に全校生徒対象の講演をしてもらっていたのです」「先生は講演料を大幅に値切ったにも関わらず来てくださいました」(同上 p.157)…。あっ…(察し)。

 

引用文献
林雅行(1984)『教育に「日の丸」を 子どもをねらう草の根ファシズム運動』汐文社
林雅行(1990)『天皇崇拝 教師と子どもたち』柘植書房
青木慧(1985)『パソコン追跡勝共連合汐文社
佐藤達也(1982)「逆流をつくりだす者たち」 三浦孝啓編『カーキ色の教育風景』東研出版
森虎雄(2013)『反日日本人は修学旅行でつくられる』幸福の科学出版

【トンデモ】保守派の危ない教育論

f:id:aki_mmr:20170301000910j:plain

 私はやってない~潔白だ♪ 「反憲学連(反憲法学生委員会全国連合)」「の活動家たちはいちように『生長の家とは無関係』という。しかし、反憲学連が生学連(生長の家学生会全国総連合)とメンバー的にもダブっており、上部団体に日本青年協議会を有していることからも関係の深いことは疑いない」(林 p.205)。「反憲学連のA君は、『教師』になろうとしていた。『私は、教える立場に立って子どもたちに“日本人の理想”というものについて教えたいと思っています』といった」(同上 p.206)。A君は高橋史朗氏のフレンズなんだね
 統一協会の「世界平和教授アカデミーと称する反共学者組織が、近年の教科書攻撃の仕掛け人であったことは、あまりにも有名である」(同上 p.209)。統一協会(勝共連合)は「反憲学連と手をくんで、反共宣伝活動を展開したりしている」(同上 p.210)が「生長の家系の反憲学連と勝共連合=原理研が“協力”して」(同上 p.212)いるのは、「彼らには自らの“教義”を棚上げにしてまで、立ちむかわねばならぬ相手が存在するからであり、そのためには神も仏もあったものではないのだろう」(同上)…。神も仏もないが、髭はあるのが高橋史朗氏。
 「従来、改憲を主張し、『日教組解体』を叫ぶ勢力は、もっぱら学校の外から戦後教育に対する攻撃をしてきていた。ところが、今日、改憲を公然と口にし、日本国憲法教育基本法を否定する勢力が学校のなかに登場し、教壇に立って」(同上 p.226)いる…。2006年、教育基本法は「改正」され、それが「親学」推進の根拠になっている。「体罰の会」にも髭…じゃない顔を出している高橋史朗氏は「歴史認識問題の背景という意味では、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムの体系的研究も重要なテーマになる」(高橋・西岡 p.9)とデムパを飛ばしているが、このデムパの下のほうに「オカヤマ/脳幹トレーニング研究所」とかいうアレな広告が載ってる…。
 そして体罰マニアのヨット右翼戸塚宏氏は次のようなデムパを飛ばしている。「東洋的な考えでは性善説。すなわち本能が善であって、悪は理性の中にしか存在しない」(戸塚・野口 p.221)…「戦後教育が」「愛国心を否定し、国のために散った特攻隊を犬死に扱いにした。その結果、自分のことしか考えない生命力のない子どもたちが大量に増えてしまった」(同上 p.223)…「引きこもりもニートも、戦後教育の被害者だと言えます。誤った理性至上主義の西洋的精神論を教育から排除し、本能を重んじる和魂の教育に、一刻も早く立ち戻るべきでしょう」(同上 p.225)…「3歳を過ぎたら、体罰を与え始める」「3歳から5歳ごろまでに体罰をきちんとあたえておけば、その後、必要はなくなる」(戸塚 2007 p.222)…「非行も登校拒否も家庭内暴力もサカキバラも宅間もアキハバラニートも全て性善説で解決します」(戸塚 2009 p.153)…「性善説は科学です。性悪説は哲学です。実証され正しいのが科学、正しさを証明されてないのが哲学」「『本能は善』が性善説」「本音は善、きれい事は悪」「目的が善であるから、体罰は善です」(同上 p.161)…「首をひねるような凶悪な罪を犯すものは、共通して『罪の意識』が希薄です。罪の意識は罰を受けなければ出来上がりません。体罰が最も有効です」(同上 p.163)…「体罰を行う人間を子どもは尊敬します」(同上 p.164)…「発達障害の子どもって、ものすごく増えてるじゃない。あんなのインチキや」「昔から、自分の子どもを精神疾患だと言われ、納得できない親がうちに連れてくることがよくあった。やってみると、10人中8人は治る。昔はそういう子どもを発達障害なんて言わんやって」(戸塚・中村 p.49)…。
 さらにアラン・ソーカル…じゃない戸塚宏氏のデムパは『精神医学』2015年2月号に載ってしまう。そこでは、まず朝田隆氏が戸塚「先生は、戦後の日本の教育制度が駄目になったのは日教組のせいだと常々おっしゃっていますが」(戸塚・朝田 p.147)などと言い出し、戸塚宏氏は「日教組というよりも、マッカーサーのせい」(同上)云々と答え、「今、発達障害といわれる若者がものすごく多いですね。あれは、精神の病気だとされていますが」「発達障害と言われている人たちは、トレーニングで治るのです」(同上 p.151)と有害デムパを放っている。朝田隆氏は、そうしたデムパを「認知行動療法との共通点を感じるところもございます」(同上 p.152)などとしている。なにそれこわい。
 なお、「オウム真理教によるパソコン通信の利用は、1991年に始まった」…「1994年の調査の段階では、『オウム真理教ネット』の会員数は約300人で、うち約半数がオウム真理教信者」…「会員としてのID番号を持たないゲストの利用者もあるために、実際の利用者はこの会員数よりもかなり多いと思われる」(深水 pp.185-186)という。「パソコン通信というメディアの特性は、従来と違う種類の宗教集団の出現を予見させるものがある」「これまである特定の宗教への入信は、社会・家族関係すべてを賭けての行為であった。しかし、パソコン通信の匿名性という特徴は、宗教への入信を非常に気軽なものに」(同上 p.190)する。すごーい!気軽に高橋史朗氏のフレンズになれるんだね!

 以下、籠池泰典氏の「園長の部屋」より適当に引用しぐさ。

 

・平成22年3学期 日本よ、めざめよ!子たちの将来のために
 「昨年の、講演会の際」「中西輝政教授が『我国が保たれるかどうかはこの3年が重要な時期』とおっしゃっていました」…「山田宏先生の講演会を拝聴し、私とすべての考え方が一致したのには驚きましたし、感動しました」…。

 

平成23年2学期 変革の時、来たる!!
 「民主党議員とは、政治家という前に、人間としての当たり前の常識さえ欠落しているのか。否、日本人としての常識を持っていない、エセ(ニセ)日本人なのだということが、皆が知ることとなった」…「TPP条約締結などもってのほかであり、国民の信託にこたえていない」…。「おとなしく、秩序高く、和を尊び秩序を重んじる日本人」…「日本人に他の国があわせるのが、ダーウィンの進化説にあっているのではなかろうか?」…。「皇室を中心とした日本に誇りを持つ教育をし、DNAの中に育まれた素晴らしき才能を堂々と表出せしめることが重要であります」…。

 

・平成25年1月11日 園長の部屋 1月
 「今年の正月元旦は心穏やかに平穏な気持ちで、しかも希望を持って迎える事ができました。安倍晋三自民党政権が再登場したからに他なりません」…「『個』の利益ではなく『公』の利益の為、『国家』『国民』の為に奮闘してもらいたい」…「日本が戦後レジュームから脱却いたすよう、心から念じています」…。安倍晋三氏キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

 

・平成25年3月1日 園長の部屋 3月
 「支那の国はマスコミを使い、インターネットを使い日本国国論の分断をはかってきた」…「すばらしき日本の2673年にわたる歴史と伝統に培われた日本人」…「“和を持って貫し”とする大らかな気持ちを持っている事は大切」…。和の精神を持つ民族、“和民”こそが真の日本人であり過労死は美徳。アヒャヒャヒャヒャ ヘ(゚∀゚ヘ)(ノ゚∀゚)ノ ヒャヒャヒャヒャ

 

・平成25年7月23日 園長の部屋 7月
 「安倍晋三政権と相連動し、教育的観点から繰り出してきた真の日本人教育を進めている塚本幼稚園」…。

 

平成26年1学期 天とのミッション
 すごい一体感を感じる。今までにない何か熱い一体感を。「この一体感こそが一民族・一国家・一文明と言われる所以です。国民の同質性は日本人賞賛される特質であります」…「安倍晋三政権になって日本及び日本人が本来の姿に回帰し始めたのです」…。

 

平成26年3学期 緊張感は大切です
 「人を安易に殺傷する事件が多くありますが、これはまっとうな宗教的情操感、全うな道徳感、全うな家族感とか全うな歴史感とかを忘れ去っての結果だと思います。また、いい年をした人でも物事に対する罪悪感が摩耗している人が多いのにも唖然とします」…。唖然しぐさ。

 


引用文献
林雅行(1983)『国民学校の朝がくる』柘植書房
高橋史朗西岡力(2016)「巻頭対談 歴史認識問題研究会は何をめざすのか」『明日への選択』2016年12月号 日本政策研究センター
戸塚宏野口健(2008)「異色対談 本当の"生きる力"とは何か 本音で語る『体罰のすゝめ』」『正論』 2008年10月号 産経新聞
戸塚宏(2007)「恥はかかせろ、いじめはなくすな」『新潮45』2007年6月号 新潮社
戸塚宏(2009)「我が教育進化論 科学としての和魂」『日本主義』2009年1月 白陽社
戸塚宏・中村計(2016)「SAPIOインタビュー 戸塚宏(75)戸塚ヨットスクール校長 ニートまで『個性』と捉える教育への疑問 改めて言う。『体罰は教育だ』」『SAPIO』2016年8月号 小学館
戸塚宏・朝田隆(2015)「講演録 私の脳幹論」『精神医学』2015年2月号 医学書院
深水顕真(1996)「オウム真理教パソコン通信 電子メディアの発達と宗教教団の変容」池上良正・中牧弘允編『情報時代は宗教を変えるか 伝統宗教からオウム真理教まで』弘文堂

【トンデモ】「高い志と確固たる信念で幼児教育に心血を注ぐ 籠池靖憲 塚本幼稚園幼児教育学園園長」

f:id:aki_mmr:20170226154143j:plain

 ああっ、もうダメッ!ぁあ…デムパ出るっ、デムパ出ますうっ!!『産業新潮』2010年11月号に籠池靖憲(籠池泰典)氏のおぞましいデムパが載っているので引用しぐさ。「国歌斉唱に続く教育勅語朗誦はもう10年以上続く」(p.36)…。消える飛行機雲~朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ…。籠池靖憲氏は「今は意味が分からなくても、忘れてもいいんです。間違いなく21世紀を背負って立つ園児たちの脳髄にきちんと注入していれば、いつか思い出すものです」(同上)と述べている。デムパ注入しぐさ。デムパ輝く日本の 蝿ある光 身に受けて♪ 今こそ祝え染色体 紀元は二千六百年♪ アッー 一億の江戸しぐさ
 「教育勅語を園児の教育の柱に据えたのは、籠池園長の確固とした信念、正しい教育的見識によるものだが、もうひとつ『ガマンならぬ浮薄な世論への反骨』があるように思われる」「致知出版に掲載された対談記事によると、運動会でお年寄りを元気づけようと子供たちに『愛国行進曲』を歌わせたところ、この様子を毎日放送が報道して叩いたという。唯一援護射撃をしたのが京都大学中西輝政教授だったそうで、籠池園長は『よし、今こそ教育勅語を全面に出した教育方法論を構築しよう』と一念発起して園児の朗誦を始めたそうだ」(p.38)…。あっ…(察し)。

 

引用文献
「高い志と確固たる信念で幼児教育に心血を注ぐ 籠池靖憲 塚本幼稚園幼児教育学園園長」『産業新潮』2010年11月号 産業新潮社

【トンデモ】渡部昇一『日本人の品格』

f:id:aki_mmr:20170225005950j:plain

 渡部昇一氏(不幸の疑似科学)は次のようなデムパを飛ばしていた。「日本を、あるいは日本人を論じる際には、皇室と神社を絡めて論じなければ成り立たない」(p.21)…「神道こそ、そして神社こそ、日本の文明の中核であり本質」(p.27)…「Y染色体は男性」、「男系の天皇がこんにちまで続いた」(p.154)…「神武天皇の遺伝子が二千年以上に渡り、今もなお続いている」(p.159)…「愛子様が皇室の方と結婚しないと、Y染色体はそこで途絶えてしまいます」…「『皇統』という日本文明の根本の根本にかかわる問題なのです。こうしたことが分からなくなったこと自体が、日本人の品格が失われた結果だと思うのです」(p.160)…「第二次世界大戦では、アメリカに原爆を落とされて戦争が終結します。しかし、現在、世界で原子力発電の技術を持つ会社は世界に三つしかありませんが、日立、東芝、三菱と、これと提携している会社だけですが、三つとも日本の会社です。いつの間にか、エネルギー資源として原子力を活用する技術でも日本が世界中で突出してしまいました」「というように、驚かされたら、必ず驚かせる。そして、トップになる。こうした日本人の資質の基本に、神道があると私は考えます」(p.47)…。そうなんだ、すごいね!進め一億江戸しぐさY染色体万歳!靖国で会おう(o´・ω・`o)ノシ
 「日本の武士道の精神というものが、こんにちの二十一世紀の世界をつくったと私は考えています」(p.52)…「日本の武士がいなければ、世界中の有色人種は、良くて使用人、悪くて奴隷に近い存在のままだったはずです」(p.75)…「日本から武の伝統が失われたことが、日本の品格をおとしめるに至った最大の理由の一つ」(p.76)…「日本は男女の愛、夫婦の愛で国がつくられ、その精神が日本人の魂の根源に流れている」(p.83)…。「教育勅語は、本来、廃止する性質のものではないのです。教育勅語の廃止が何を意味するのか」「『父母ニ孝ニ、兄弟ニ友ニ、夫婦相和シ…』をすべて廃止する訳ですから、『親不幸をして、兄弟喧嘩して、夫婦は仲良くしてはいけない』となる。ようするに、日本人にとっての徳目を廃止したことになるのです」…「東京裁判に端を発する一連の流れが、日本人から品格を失わせた根源的な理由だと私は考えます」(p.143)…。「教育勅語なども、日本人の基本的な道徳観を簡潔に述べた文書として、国会の廃止決議の廃止決議をするべきでしょう。志ある私立学校の学校教育の場から復活させてもよいものの一つではないでしょうか」(p.203)…。あっ…(察し)。
 「日本の社会が動物園化している」(p.182)…「日本で、このまま社会の動物園化が進むと一体どうなってしまうのだろうかと心配になります」(pp.183-184)…「今、二十代、三十代くらいの人でニートやフリーターが増えているという現象も、社会が動物園化していることの結果だと思います。昔はニートだったら餓死しています」(p.185)。『動物農場』しぐさ。


引用文献
渡部昇一(2007)『日本人の品格』ベストセラーズ

【トンデモ】籠池町浪「日本の心伝える塚本幼稚園が小学校開設」『「美しい日本」ものがたり 別冊正論27号』

f:id:aki_mmr:20170223215629j:plain

 オカルティック・ウヨク・高橋史朗氏…ではなく「瑞穂の國記念小學院開校準備室長」の籠池町浪氏は「めざすは『礼節を尊び、愛国心と誇りを育てる教育』です」(籠池 p.218)と述べている。愛国心とは超越神力のようなものだろう。「天照大御神さまがどのような思し召しで天孫を地上に遣わされたのか、神武天皇さまは建国の詔でどのような理念を謳われたのか、こうした日本国創建の伝承を学べば、自ずと日本人として誇りを持てると思います」(同上 p.219)…「教育とは結局は勅語の十二徳目に行き着きます」「十二徳目を忘れてしまえば、建国以来二千六百年以上続いてきた美徳を日本人は失うでしょう」(同上 p.220)…「気を付けなければいけないのは、すぐお隣の国の人たちは容姿が日本人に似ているため、その行動や思想の影響を日本社会に知らず知らずに及ぼしていること」…「テレビなどメディアに登場して、それを見た人はいつのまにか感化されてしまう」「決して人種差別ではありませんが、欧米のように外見で区別できない日本の場合、危うい本当に恐ろしいことです」(同上 p.221)とかデムパ飛ばしすぎ。なお、「保守」とか日本会議へんないきものたちとかを観察すれば「他者への思いやり」「を日本人は持っています」(同上 p.224)云々とは言えないことが分かる。
 「『保守』は頭の悪い危険思想の持主と思われ」(八木 p.55)ていたが、1980年頃から戦略を変え「普通」を装っている。79年の「元号法制化の原動力となったのは実に生長の家であった。しかも運動の方法は、かつての右翼のような暴力ではなく、また幹部だけが当事者と交渉するものでもなかった。自らの組織を動員して、傘下の地方議員を通じて、地方から中央に攻め上がる、かつて革新が地方自治体をおさめ中央を包囲するといったのと、全く同じ方法をとって攻勢にでたのである。そこに高度成長時代と違った右翼の新しい運動方法が見出されよう。生長の家は、右翼陣営におけるいわば新しい主役として登場してきた」(堀 p.229)。「主役の交替は当然、戦略の変化を伴う。元号法制化で彼らがとった大衆運動方式がそれである」…「右翼勢力の最大のターゲットである憲法改正について、彼らはこの大衆運動方式を採用する。彼らはそのために『日本を守る国民会議』をつくった」…「同会議の母体は元号法制化実現国民会議を改組したもので、したがって生長の家神社本庁勝共連合などがその実行部隊である」(同上 p.231)。髭しぐさの高橋史朗氏も混じっているが、彼らは「どこにでもいるサラリーマン風の『背広を着た右翼』である。その彼らが大衆の中に入り、大衆運動を組織して、今日の右傾化、反動化の尖兵となっている」…「大衆は『制服の右翼』を恐怖するが、一方で『背広を着た右翼』のイデオロギーを受入れてしまう。こうして元号法制化は、彼らの手で実現されてしまった」(同上 p.236)。
 「高橋氏は、『国家神道』は『わが国の伝統に根ざした宗教』であり、神道を『国家から分離することは、国民生活を混乱におとしいれる』と主張している」…「よほどの皇国史観の持ち主でなければ展開しない主張である」…「神道を国家から分離することが国民生活を混乱させる、という主張はなんとも奇妙なものである」(俵 p.19)…。「日本青年協議会(略称・青協)とその下部組織の日本教育研究所」(同上 p.61)とかでデムパを飛ばし「学者としては何ら実績もなかった高橋氏を、臨時教育審議会の専門委員に取り立てたのは、中曾根康弘元首相といわれている」…「高橋氏は、右翼組織『国民会議』の運営委員であり、統一教会勝共連合とも関わりの深い人物である」(同上 p.63)。高橋史朗氏や「つくる会」(分裂前)の「藤岡氏らは『反日』というレッテルを好んで多用しているが、かれらの使う『反日』は『非国民』と同義語である」(同上 p.69)。
 島薗進氏が「安倍政権の周辺の人たちが唱えるところの、『日本の伝統』『美しい日本』というものの実態を聞いてみると、ほとんど中身がない」(橋爪・島薗 p.58)と指摘しているように高橋史朗氏のデムパには中身がない。だから江戸しぐさとか取り入れちゃう。しかしながら現在、そのデムパは一定の影響力を持ってしまっている。西…じゃない東浩紀氏によると2000年代は「リベラルな人たちはリベラルではないということが大衆レベルで分かってしまった」「みんなが在日に対して優しくしようとリベラルは言う。でも世の中には、在日を差別する人がいっぱいいる。その現実はどうするのか」(東・大塚 p.207)…「ぼくは南京虐殺はあったと『思い』ますが」(同上 p.210)…「なぜ歴史の問題すら解釈次第という立場なのかと言われたら、それはぼくがポストモダニストだから」(同上 p.212)…。ポストモダンしぐさでデムパを甘やかしてきた結果がこれだよ…。

 

引用文献
籠池町浪(2016)「日本の心伝える塚本幼稚園が小学校開設 純粋な双葉を汚れた雨で枯れさせない」『語り継ぎたい真実 「美しい日本」ものがたり 別冊正論27号』産経新聞
八木秀次(2017)「保守とは何か~イントロダクション」『正論』2017年3月号 産経新聞
堀幸雄(1993)『増補 戦後の右翼勢力勁草書房
俵義文(1997)『教科書攻撃の深層 「慰安婦」問題と「自由主義史観」の詐術』学習の友社
橋爪大三郎島薗進(2016)『人類の衝突 思想、宗教、精神文化からみる人類社会の展望』サイゾー
東浩紀大塚英志(2008)『リアルのゆくえ おたく/オタクはどう生きるか』講談社